メイン » » » 亀井勝一郎
かめい かついちろう

亀井勝一郎

かめい かついちろう

1907(明治40)〜 1966(昭和41)

昭和期の評論家

埋葬場所: 20区 1種 22側 13番

 東大在学中〈新人会〉に入り、1932(S7)プロレタリア作家同盟に属し「ゴーリキー論」などを発表、33同人雑誌「現実」の同人となる。35「日本浪曼派」を創刊。同誌廃刊後は雑誌「文学界」を中心に評論家として活躍。 転向後の精神的彷徨をへて自己救済の道を日本の古典や仏教思想に求め「人間教育」「大和古寺風物詩」「信仰について」「親鸞」など書いた。 日本人の精神史研究を行い、敗戦後もその追求に尽力し、48「現代人の遍歴」、49「愛の無常について」、52「知識人の肖像」、60「古代知識階級の形成」に始まる日本人の精神史研究は中世までで未完に終わった。

<コンサイス日本人名事典>


墓誌

*墓所は谷口吉郎の設計である。謹書は自筆。

*「歳月は慈悲を生ず 亀井勝一郎」と刻む墓誌も建つ。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・か行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。