メイン » » » 星野 錫
ほしの しゃく

星野 錫

ほしの しゃく

1854(安政1.12.26)〜 1938.11.10(昭和13)

明治・大正・昭和期の実業家(印刷)、
日本初女性事務員採用者

埋葬場所: 6区 1種 9側 7番

 江戸出身。播磨(兵庫県)姫路藩士の星野乾八の長男。幼名は錫一郎。成人後の通称名を錫とした。名は「せき」ともよむ。弟の星野鏡三郎(同墓)は鹿島組から独立し鉄道敷設事業家、明星学苑の前身の学校である明星実務学校の設立に尽力した。
 姫路藩の藩校で学び、1873(M6)景締社で印刷工となる。1887アメリカに留学、アートタイプ(コロタイプ)という、感光液を版材に塗布する写真版印刷を日本人で初めて修得。帰国後、王子製紙に入る。
 1890第三回内国勧業博覧会にアートタイプ印刷の絵画を出品し入賞。画報社を設立し『美術画報』『美術新報』の雑誌を発行。また写真入り新聞の創刊に協力し、印刷の新分野を開拓。
 1896王子製紙から独立し、東京印刷株式会社を設立し専務、後に社長に就任。『満州日々新聞』発刊や債権、絵葉書などの印刷業で事業を拡大した。海外の実業界を視察して週休制の導入や女性事務員の採用など実業界全体にも多大な貢献をした。1912衆議院議員に当選。東京商業会議所副会頭・東京事業組合連合会長をはじめ、大日本精糖・日本陶料・東亜石油などの取締役を務めた。従5位 勲3等。享年84歳。

<コンサイス日本人名事典>
<講談社日本人名大辞典>
<近代日本の先駆者>


墓所(全体) 墓所

*墓石は和型「星野家之墓」。左面に「昭和八年十一月六日 星野正一 建之」。裏面に星野鏡三郎と妻の花子の戒名・俗名・没年月日・行年が刻む。右側に「従五位 勲三等 星野 錫 墓所」の石柱が建つ。左側に墓誌があり錫は刻まれておらず、星野鏡三郎を初代とし以降が刻む。

*星野乾八の子供は5男1女。長女がたく、長男が星野錫(錫一郎)、二男が諤次郎、三男が鏡三郎、四男が廣吉、五男が撒函壁穎藩士の村上家に養子)。

*星野錫の妻は さよ(浦野)。子爵の渋沢栄一の子の辰雄を養子に迎えている。他に養女に つる(安本明治郎の妻)、まつ(川崎甲子男の妻)もいる。星野辰雄は立教大学教授を務めた。なお、同墓所に星野辰雄の刻みはないため別墓であると推測する。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・は行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。