メイン » » » 堀内宗平
ほりうち そうへい

堀内宗平

ほりうち そうへい

1878.9.10(明治11)〜 1943.6.13(昭和18)

明治・大正・昭和期の海軍軍人(大佐)、実業家(鉄道)

埋葬場所: 12区 1種 37側

 山梨県東八代群黒駒村出身。堀内藤右衛門の三男として生まれる。1898(M31)海軍兵学校第29期入学。
 1904(M37)日露戦争で東郷平八郎(7-特-1-1)司令長官麾下の連合艦隊第六艦隊に所属、旅順港口閉塞作戦に水雷艇付として参加、武勲をたて功五級金鵄勲章を下賜さる。 '14(T3)勃発した日独戦役に従軍第13駆遂隊司令としてシンガポール方面に出動、英国海軍との協同作戦において赫々たる武勲をあげ、その功績により'20(T9)英国皇帝より『ブリティッシュエンパイヤ勲四等勲章』を受章。 翌年12月軍艦勝力艦長に補され、南洋郡島委任統治領警備の任務に付く。'23日・英・米、海軍軍縮会議決議により、27年間の海軍生活を終わり予備役となる。
 その後、故郷山梨の富士身延鉄道(現JR身延線)に移り実業界に入り、小野金六社長の元で衆議院議員の兄良平と共に国鉄富士駅より身延駅間の全線を電化し開通させた。 運営に当たっては、日立製作所製造の純国産電気機関車を初め電動客車軌條等すべて純国産品を採用購入し、日本国産技術の向上発展育生に心を配った。 後、'26(T15)今日の富士急行株会社の前身である私鉄富士山麓電気鉄道を兄(良平)と、現在のJR中央線、大月・富士・吉田駅間の建設など、富士五湖地区発展に寄与した。享年66歳。

<墓誌より>


*墓所内には墓誌が建ち、東郷平八郎(7-特-1-1)書『有勝勇気力』なども刻む。
墓誌全面は堀内宗平の略歴が刻むが、裏面は宗平の妻の房子、宗平と房子の次男で戦死した堀内宗孝(海軍大尉)の略歴が刻まれている。建立者は堀内宗忠である。なお妻の堀内房子は子爵の内藤政長の次女。

*兄の堀内良平(1870-1944)は衆議院議員を務めた人物であり、宗平と共に主に山梨県の鉄道事業を手がけた。 良平の子は堀内一雄であり衆議院議員、その子の堀内光雄も衆議院議員を務めた。 なお、堀内光雄は富士山麓電気鉄道(通称・麓鉄)を富士急行(通称・富士急)に躍進させた社長でもあり、富士急ハイランドや日本ランドなどの観光事業に尽力し、現代の富士急グループを形成した人物である。 堀内光雄の妻の英子の父は、陸軍大佐・政治家の辻政信である。光雄の子は富士急行社長の堀内光一郎。


堀内房子
1883(明治16)〜?
堀内宗平の妻
 磐城湯長藩主の内藤政養子爵の次女。福島県湯長出身。福島県師範学校を卒業。1908(M41)5月、山梨県の生んだ大実業家の小野金六翁の媒酌により、当時31歳の海軍大尉の堀内宗平と、25歳にて結婚。良き伴侶として生涯を過ごした。


堀内宗孝
1918.8.6(大正7)〜 1945.5.2(昭和20)
海軍大尉
 堀内宗平・房子の次男。東京出身。早稲田大学卒業後、中島飛行機製作所に就職するも、第二次世界大戦が勃発し、父の意志を継ぎ、1943(S18)海軍予備学生を志願入隊。 翌年、比島ミンダナオ島ダバオに着任。三十二特別根據地海軍陸戦隊第二大陸渋谷中隊最前線小隊長として奮戦。1945.5.2(S20)敵の武装トラックの陣に抜刀の奇襲を行い戦死した。 南西方面艦隊司令長官賞詞を賜って、その武勲を讃え、陸軍最高指揮官亦幕僚を派遣し偉功を激賞した。正七位勲六等。書は第三十二特別根據地隊司令官で海軍少将の土井直治。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・は行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。