メイン » » » 堀越二郎
ほりこし じろう

堀越二郎

ほりこし じろう

1903.6.22(明治36)〜 1982.1.11(昭和57)

昭和期の航空技術者、"零戦"生みの親

埋葬場所: 16区 1種 7側

 群馬県藤岡市出身。農家の4人兄弟の次男として生まれる。第一高等学校を経て、東京帝国大学工学部航空学科を首席で卒業。 1927(S2)三菱内燃機製造(三菱重工業)名古屋航空機製作所に入社。ドイツのユンカース社やアメリカに留学で設計技術を学ぶ。
 '32九〇式艦上戦闘機の更新を目的として海軍機の試製3ヶ年計画が始まり、三菱と中島知久平(9-1-2-3)の中島飛行機の二社が競争試作を行っており、堀越は「七試艦上戦闘機」を設計した。 '34逆ガル翼を採用した画期的な設計の「九試単座戦闘機」を手がけ、これが後の「九六式艦上戦闘機」(連合軍のコードネームは「クロード:Claude」)の開発につながっていった。 戦時中は「零式艦上戦闘機(零戦)」、「雷電」、「烈風」など海軍機の設計主務者として活躍。戦後は木村秀政らと共に「YS-11」の設計に参加した。
 旧三菱解散後は中日本重工業、後の新三菱重工業に勤め、技師長や参与。'62日本航空学会会長。'63〜'65東京大学の宇宙航空研究所にて講師も務めた。 '65工学博士、研究論文は『人の操縦する飛行機の飛行性の改善に関する研究 昇降だ操縦系統の剛性低下方式』。'65〜'69防衛大学校教授。この間、'67三菱を退社し、教育・研究の一本にしぼり教鞭を執る。 '72〜'73日本大学生産工学部教授。'73次期対潜哨戒機選定の国防会議専門家会議座長を務めた。同.11.3 勲3等旭日中綬章受章。
 著書に『零戦――その誕生と栄光の記録』('70)がある。また、'53奥宮正武と共著した『零戦』は、アメリカ・イギリス・フランスでも翻訳出版され、世界的に零戦設計者として知られる。 なお、当人は一度も零戦に乗ったことがないというエピソードがある。享年78歳。没後、従4位追賜。
 柳田邦男の小説『零式戦闘機』や、'84東宝映画『零戦燃ゆ』、2013(H25)実在の人物を主人公とする初のジブリ映画(宮崎駿監督)『風立ちぬ』(原作は堀辰雄:12-1-3-29)の主人公のモデルとして注目された。なお、ポスターのキャッチコピーは「堀越二郎と堀辰雄に敬意を表して。いざ 生きめやも。」

<コンサイス日本人名大事典>
<昭和史事典など>
<kimu様より情報提供>


*墓石は和型「堀越家之墓」。右面が墓誌のようになっており、戒名は秀光院慈航智●居士。妻は須磨子。裏面は「昭和五十七年十二月吉日 堀越雅郎」と刻む。

※●=王+粲(さん)


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・は | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。