メイン » » » 平櫛田中
ひらぐし でんちゅう

平櫛田中

ひらぐし でんちゅう

1872(明治5)〜 1979(昭和54)

明治・大正・昭和期の木彫家

埋葬場所: 16区 1種 5側

 本名田中倬太郎(たくたろう)。大阪の人形師中谷省古に学び、1897(M30)上京して高村光雲の門に入った。1907日本彫刻会創立に加わり、第一回展に「活人箭」を出品して岡倉天心に認められた。 11文展で「維摩一黙」が受賞。14(T3)日本美術院再興に参画。その後44(S19)東京美術学校(東京芸大)教授、帝室技芸員、日本芸術院会員を歴任。62文化勲章受賞、木彫界に重きをなしていた。 65東京芸大名誉教授。主な作品に18「転生」、43「五浦釣人」、58「鏡獅子」、著書に73「私の歩いてきた道」などがある。107歳の長寿をまっとうした。

<コンサイス日本人名事典>


*墓所は寛永寺第1霊園にもある。但し、墓誌は無く、墓の裏面に「昭和乙未春彼岸 田中建之」と刻んであります。

<森光俊様より情報提供>


墓地

*お墓は土円墳墓で入り口左側に「平櫛田中」の墓誌碑あり。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・は行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。