メイン » » » 樋口龍峡
ひぐち りゅうきょう

樋口龍峡

ひぐち りゅうきょう

1887(明治8)〜 1929(昭和4)

明治・大正期の評論家

埋葬場所: 6区 1種 12側

 本名樋口秀雄。1899(M32)東大在学中に「社会」を編集し、また「帝国文学」の委員も兼任。卒業後、1901「美的生活論を読んで樗牛子に与ふ」を発表。 翌年哲学雑誌編集員となり「ニーチェ氏倫理説」発表。06「碧潮」を刊行。同年渡清し、以後も評論家として幅広く活躍。 自然主義に反論し「むら雲」「時代と文芸」「社会主義と国家」などを次々に刊行。11「新日本」を編集し、15(T4)衆院議員に当選。

<評論家人名事典>


 


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・は行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。