メイン » » » 樋口龍峡
ひぐち りゅうきょう

樋口龍峡

ひぐち りゅうきょう

1875.5.14(明治8)〜 1929.6.6(昭和4)

明治・大正期の社会学者、評論家、政治家

埋葬場所: 6区 1種 12側

 筑摩県伊那郡飯田町(長野県飯田市)出身。本名は秀雄。別号は暁雪。銀行家の樋口与平の長男。甥に詩人・英文学者の日夏耿之介(ひなつこうのすけ:本名は樋口國登)がいる。飯田小学校で図画・数学を中村不折(3-1-15-10)に学び影響を受けた。
 1899(M32)東京帝国大学在学中に「社会」を編集し、また「帝国文学」の委員も兼任。1900東京帝国大学哲学科卒業し、大学院に進む。翌年『美的生活論を読んで樗牛子に与ふ』を発表。 '02哲学雑誌編集員となり『ニーチェ氏倫理説』発表。'04より明治大学で教鞭を執る。'06『碧潮』を刊行。同年渡清し、以後も評論家として幅広く活躍。
 美的生活論、事前主義論に参加。'09後藤宙外、笹川臨風らと文芸革新会をおこし反自然主義の立場をとった。『むら雲』『時代と文芸』『社会主義と国家』など自然主義に反論した作品を次々に刊行。'11永井柳太郎と大隈重信主宰の雑誌『新日本』を編集。この頃より政治に興味を抱く。社会学関係の『社会学小史』(1911)、『社会学十回講義』(1912)などを出した。
 '15.3.25(T4)第12回衆議院議員総選挙に郷里の長野県郡部3区から本名の樋口秀雄で立憲同志会公認で出馬し初当選した。'17.4.20第13回衆議院議員総選挙では長野県郡部9区から憲政会(旧・立憲同志会+中正会+公友倶楽部)公認で出馬し当選(2)。'20.5.10小選挙区制に切り替わった第14回衆議院議員総選挙で長野県12区から憲政会公認で出馬し当選(3)。'24.5.10第15回衆議院議員総選挙も同じく長野12区から憲政会公認で出馬し当選(4)。護憲三派(立憲政友会、憲政会、革新倶楽部)が絶対多数で与党の清浦内閣に勝利し憲政会の加藤高明が首相となった。
 '28.2.20(S3)納税額による制限選挙は撤廃され、25歳以上の成年男性による普通選挙(中選挙区制)が実現した第16回衆議院議員総選挙に長野県3区から立憲民政党公認で出馬しトップ当選(5)。連続当選5回で民政党総務を務めるなど政界で活躍していたが、党内で中国などへ協調外交路線が採用され、それに不満を持つ対外強硬外交路線派が結集。樋口はこれに加わり、同.9.7 田中善立(19-1-31)らと憲政一新会を発足させた。これにより樋口らは民政党執行部から除名処分を受けたことで、長野県選出の民政党代議士たちは樋口の復党運動が展開された。その渦中、樋口は心臓麻痺で現職のまま急逝。従5位 勲3等。享年54歳。なお憲政一新会は翌年に立憲政友会と合同したため、民政党は政友会の政治工作であると激しく非難した。

<評論家人名事典>
<新潮日本人名事典>
<20世紀日本人名事典>
<日本大百科全書など>


*墓石は和型「樋口家之墓」。妻はかつみ。

*衆議院議員でみんなの党の代表を務めた浅尾慶一郎は曾孫にあたる。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・は行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。