メイン » » » 春木南湖
はるき なんこ

春木南湖

はるき なんこ

1759(宝暦9)〜 1839.6.6(天保10.4.25)

江戸時代の南画家

埋葬場所: 5区 2種 18側 16番

 江戸出身。本姓は結城。名は鯤。字(あざな)は子魚。通称は門彌。南湖は号。別号に烟霞釣叟、幽石斎、呑墨翁など。
 木村兼葭堂(けんかどう)に師事。1788(天明8)雪斎の命を受け長崎に遊学。清人(中国人)の張秋谷や費晴湖から直接彩色などの画法を学ぶ。 山水・花鳥画を得意とし、文人画家として谷文晁(ぶんちょう)と天下の二老と称される。詩文にも巧みで小不朽吟社の一員であった。 伊勢(三重県)長島藩主の増山正賢(ましやま まさかた)に仕えた。著作に『西遊日簿』などがある。病のため逝去。享年80歳。門下に金井烏洲らがいる。
 長男は春木南溟、次男は春木西湖、孫は春木南華、曾孫は春木南渓、玄孫は春木南江。全員画家として活躍しており、次男の西湖以外は全員同墓所に眠る。

<講談社日本人名大辞典>
<東京掃苔録 藤波和子>


1998年撮影 2011年撮影
墓誌がない時の墓所全体写真
(1998年撮影)
現在の墓所全体写真
(2011年撮影)


*浅草幡随院の智白院に葬られたが、後に多磨霊園に改葬。

*正面に「南湖春木先生出墓」(春木南湖)。裏面に略歴などが刻み、右側に没年月日等々の刻みがある。 南湖墓石の右手側に「南溟老人墓」(春木南溟)と墓誌、正面左手側に右から「南華居士之墓」(春木南華)、「南渓画伯墓」(春木南渓)が並んで建つ。 当初、墓誌がない時は、墓誌の位置に「南華居士之墓」(春木南華)の墓石が建っていた。 墓誌には春木家歴代墓誌とあり、南湖、南溟、南華、南渓の他に、春木南江(平成二年十一月十五日 九十五歳)や赤字(生前刻)春木正南の名前が刻む。なお、南湖は行年八十一歳と刻む。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・は行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。