メイン » » » 歌橋一典
うたはし かずのり

歌橋一典

うたはし かずのり

1915.11.23(大正4)〜 2010.9.1(平成22)

昭和・平成期の実業家(ニチバン)

埋葬場所: 12区 1種 17側

 東京出身。絆創膏・セロハンテープを開発しニチバンを創業した歌橋憲一(同墓)の長男として生まれる。
 1940(S15)東京帝国大学薬学科卒業。父が社長を務める日絆工業(ニチバン)に入社。'47取締役、'61副社長を経て、'63社長に就任。販売ルートの開拓、商品の改良に努め、セロテープを文房具の三種の神器(他は速乾性インキ、ボールペン)と言われる程に浸透させ、粘着テープの総合メーカーに成長させた。'68株式を東京・大阪両証券市場第1部に上場させた。
 '73会長、'77取締役相談役、'79参与、'87顧問を歴任した。縦隔膿ようのため東京都港区の病院で逝去。享年94歳。告別式は千代田区神田駿河台の東京復活大聖堂(ニコライ堂)で営まれた。妻は八重子。

<物故者事典>
<訃報記事など>
<森光俊様より情報提供>


墓所 一以貫之

*墓石正面は「歌橋家墓」。裏面に「昭和十三年六月 歌橋憲一建之」と刻む。後ろの壁の真ん中に「一以貫之」と刻む。 壁の左右に墓誌がはめ込まれている。洗礼名はエラスト。

*一以貫之(いつもってこれをつらぬく)とは、一貫して変わらず道を進むことという意味。孔子とその弟子の言行を書いた「論語」の言葉。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・あ | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。