メイン » » » 小柳司気太
おやなぎ しげた

小柳司気太

おやなぎ しげた

1870.12.24(明治3.11.3)〜 1940.7.18(昭和15)

明治・大正・昭和期の中国学者、漢学者

埋葬場所: 19区 1種 13側 24番

 越後国(新潟県)三条市上保内村出身。旧姓は熊倉。3歳で代々庄屋を務める母方の小柳家の養子となる。6歳から漢学に親しみ、西蒲原郡吉田町の鈴木揚軒の私塾『長善館』に学び、18歳で上京。東京帝国大学文学部卒業後、一時、新聞雑誌記者を志し、『東亜説林』などを刊行するが挫折。
 中学校・山口高校・学習院、國學院大學、慶応大学、駒澤大学、母校の講師を経て、1926(T15)大東文化大学教授となる。'40(S15)同学長となるが、同年急逝。享年69歳。文学博士。
 漢学のみならず、儒学・道教・仏教に通じ、とりわけ道教研究に先駆的業績を残したほか、宋学から近代思想に及ぶまで多角的な研究を推進し、我が国の教育界に多大な貢献を成した。また超脱・誠実な人柄であった。
 主な著書に、『宋学概論』1894、『詳解漢和大字典(服部宇之吉と共著)』1920、『道教概説』1923、『白雲観志』1934、『東洋思想の研究』1934 などがある。 その深い学識を駆使した『新修漢和大字典』1932 は、後の漢字研究家に大きな影響を与えたといわれる。小柳司気太の業績をまとめた『近世の醇儒 小柳司気太』という書物がある。

<コンサイス日本人名事典>
<講談社日本人名辞典など>
<曾孫の原様より情報提供>


墓所 碑

*墓所は左に「小柳家之墓」、右に洋型「横山家」。小柳家墓石の左手に小柳司気太の略歴が刻む墓誌碑が建つ。

*旧漢字では「小柳司氣太」と書く。

*人名辞典の多くにヨミを「こやなぎ しきた」と書いている書物が多いが、正式は「おやなぎ しげた」です。 当サイトでも長年誤ったヨミで掲載をしておりましたが、曾孫にあたる原孝様よりご指摘を頂戴し修正いたしました。
 原様から見て母方の曽祖父にあたられるのが、小柳司気太であり、父方の祖父にあたられるのが陸軍中将の土橋勇逸(21-1-14)とのことです。原様、貴重な情報ありがとうございます。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・あ行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。