メイン » » » 岡崎貞伍
おかざき ていご

岡崎貞伍

おかざき ていご

1871.9.2(明治4)〜 1942.7.15(昭和17)

明治・大正期の海軍軍人(中将)

埋葬場所: 20区 1種 21側

 宮城県出身。海軍機関2期卒。1895(M28)海軍少機関士候補生から軍人畑に入る。1914(T3)海軍大佐。翌年艦政局員。 '16機関局員、'17第三艦隊機関長、'18第二艦隊機関長を歴任。'19佐鎮機関長となり少将に昇進した。 '20教本第三部長、'21舞鶴工廠長、'22佐世保工廠長、'23中将に昇進と順調に出世した。 '24機関校長となり、翌年出仕、侍命、予備となった。'33(S8)後備役となり、'38に退役した。享年70歳。功4級。勲二等。

<歴代閣僚と日本海軍将官総覧>


*墓所内には墓誌が建ち、勲二等・海軍中将の岡崎貞伍、勲五等・海軍少佐で戦死した岡崎邦城、そして衆議院議員・勲一等の岡崎英城と刻む。


岡崎邦城 おかざき くにじょう
?〜 1941.12.10
昭和期の海軍軍人(少佐)
 開成中学卒業後、1938(S13)海軍兵学校第65期卒業。 太平洋戦争勃発時の真珠湾攻撃の際に、佐世保から出向した伊70号に乗り込み、ハワイ作戦に参加。 '41.12.10ハワイ諸島モロカイ島沖で米艦載機の攻撃を受けて沈没し、戦死した。少佐に特進。勲五等。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・あ行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。