メイン » » » 岡崎英城
おかざき えいじょう

岡崎英城

おかざき えいじょう

1901.1.10(明治34)〜 1989.2.18(平成1)

昭和期の政治家、警視庁特高部長

埋葬場所: 20区 1種 21側

 三重県津市出身。父は海軍中将の岡崎貞伍(同墓)。1928(S3)東京帝国大学経済学科卒。高等文官試験行政科に合格。 翌年、内務省警視庁に入り、'35特別警備隊長、'40特高二課長、'44特高部長、'45内務省警備局保安課長を歴任。 戦後は'52まで公職追放。'55衆議院議員(自民党)に東京都第4区から初当選、以来連続当選6回。 岸内閣の官房副長官をはじめ、労働・行政管理・通産の各政務次官、自民党東京都連幹事長などを歴任した。 '71(S46)勲一等瑞宝章受章。従三位。享年88歳。

<歴代閣僚と国会議員名鑑>
<政治家人名事典>
<MATSU様より情報提供>


*墓所内には墓誌が建ち、勲二等・海軍中将の岡崎貞伍、勲五等・海軍少佐で戦死した岡崎邦城、そして衆議院議員・勲一等の岡崎英城と刻む。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・あ行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。