メイン » » » 岩永裕吉
いわなが ゆうきち

岩永裕吉

いわなが ゆうきち

1883.9.13(明治16)〜 1939.9.2(昭和14)

大正・昭和期の通信事業経営者

埋葬場所: 9区 1種 4側 7番

 東京出身。衛生行政創立者の長与専斎の4男。兄は医学者の長与弥吉、又郎、弟に作家の善郎。 1890(M23)母の弟で、叔父にあたる日本郵船専務の岩永省一(同墓)の養子になった。
 1909京都帝国大学卒業。'10高文試験に合格し、'11満鉄大連本社に入社する。 '17(T6)満鉄を退社して寺内正毅内閣の鉄道院総裁であった後藤新平の秘書官となる。 '18退官し、欧米各国外遊を経て、'20岩永事務所を創設し、「岩永通信」発刊した。
 '23古野伊之助の呼びかけで国際通信社の専務取締役に就任し、通信事業に本格的に参入、ロイター通信との関係を強化するとともに地方紙との通信契約の拡大に努力した。 '26国際通信社と東方通信社が合併し日本新聞連合社が誕生して専務理事。 '36(S11)日本をめぐる国際関係が悪化したので、国家代表通信社の設立を提唱し、軍部・政府に働きかけライバルの日本電報通信社と連合の合併した同盟通信社を誕生させ初代社長となった。 '39勅撰貴族院議員。享年55歳。

<コンサイス日本人名事典>
<朝日人名辞典>
<講談社日本人名大辞典>


墓所

*正面「岩永家之墓」。左に墓誌、右側に岩永裕吉の碑が建つ。

*子の岩永信吉(1912-1982 同墓)は共同通信専務理事などを務め、日本とメディア交流がなかったサウジアラビア等のアラブ諸国との交流を提案し「日本アラブ記者会」の発足するなど尽力した人物。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・あ行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。