メイン » » » 有島 武
ありしま たけし

有島 武

ありしま たけし

1840(天保11)〜 1914.12.2(大正3)

明治時代の官吏、実業家

埋葬場所: 10区 1種 3側 10番

 鹿児島藩士有島宇兵衛の長男に生れる。1860(萬延1)長崎に出で更に江戸に赴きて砲術、練兵並に英語を修む。 維新後藩務に係り1872(M5)租税寮に出仕、1878欧米に差遣せられ、帰朝後大蔵省少書記官に任じ、1882横濱税関長に進み関税局長となり国債局長となった。 1893官を退きて十五銀行に入り取締役に任じ、日本鉄道会社専務取締役、日本郵船会社監査役を兼ねて活躍した。享年75歳。 従三位勲一等に叙せらる。息子には作家の有島武郎(同墓)、有島生馬、里見とんがいる。なお、孫で俳優の森雅之も同墓に眠る。

<日本人名大事典1巻146頁>
<五輪塔様より情報提供>


ありしま たけし

*墓所入口正面に有島武の墓石が建ち、その左側に有島家累世之墓の納骨堂、それと向かい合うように有島武郎のブロンズがはめ込まれた墓石が建つ。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・あ行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。