メイン » » » 荒木錦子
あらき きんこ

荒木錦子

あらき きんこ

1884(明治17)〜 1964.6.18(昭和39)

昭和期の婦人会活動家

埋葬場所: 8区 1種 17側

 栗原政五郎の四女。陸軍大将の荒木貞夫(同墓)の妻。貞夫との間に三男一女を儲ける。
 日本赤十字社篤志看護婦人会幹事、大日本国防婦人会副会長、陸海軍将校婦人会幹事長、東洋婦人教育会理事、柏葉婦人会評議員などを歴任した。享年80歳。

<日本女性人名辞典>


墓所 あらき さだお

*正面左側は和型「荒木家先祖代々霊位」、右側は五輪塔「荒木家/供養塔」。墓所右手に墓誌があり戒名は錦壽院釋貞尚大姉。墓所左手には大理石の墓石に「陸軍大将 男爵 荒木貞夫」の刻みを筆頭とした句、略歴が刻む。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・あ | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。