メイン » » » 阿部真之助
あべ しんのすけ

阿部真之助

あべ しんのすけ

1884.3.29(明治17)〜  1964.7.9(昭和39)

大正・昭和期のジャーナリスト、評論家

埋葬場所: 20区 1種 52側 14番

 埼玉県出身。東京帝国大学社会学科卒業。東京日日新聞に入社。社会・政治・学芸各部長を歴任。1938(S13)毎日新聞取締役。 戦後は政治社会評論に論陣をはる。'55「自由かつ気骨ある政治評論家として民衆の政治意識を高めた近年の活動」に際して第3回菊池寛賞を受賞した。 '58永井茂弥の後を継いで中教出版株式会社社長に就任し、教科書界に尽くし、教科書協会評議員を務めた。'60第9代NHK会長に就任。 他に国語審議会会長、選挙制度審議会会長、日本エッセイストクラブ会長なども務めた。
 また“恐妻家”としても有名であり、自ら日本恐妻連盟を組織し総裁に就任。「恐妻とは愛妻のいわれなり」との名言を残した。 '63栗田確也(13-1-1)、茅誠司、坂西志保、渋沢敬三、上田常隆、上代たの、原安三郎のそうそうたるメンバーと共に「小さな親切」運動を提唱。 '64NHK会長在職中に急死した。享年81歳。没後、'72富岡市の名誉市民に選出された。主な著書に『新人物論』『近代政治家論』などがある。

<出版人物事典>


 


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・あ行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。