はじめにお読み下さい


はじめに・・・


このページにアクセスして頂き、誠に有難うございます。



<< 注意事項 >>

 ここでは、「歴史が眠る多磨霊園」を利用するにあたり、知っていて欲しいことなど、言わば「注意書き」のようなことを記載しております。 はじめてこのページに訪れた方、このページの制作者および管理者である私達に質問等を希望する方などは、 はじめにこのページを目に通して頂きますようお願い致します。

 このページでは、東京都府中市にある東京都立多磨霊園に埋葬されている著名人多磨霊園に関した内容を扱っております。 著名人を扱う関係上、様々な経歴の人物を取り扱っておりますが、私達は、それらの人物の主張および活動を擁護または代弁するものではありません。 また、霊園を扱っておりますが、私達は宗教に関して勧誘または論議することを目的とはしていません。 その点を御理解下さいますようお願い致します。

 このページでは、多磨霊園に埋葬された著名人故人を通して歴史を学ぶことを目的としています。 当「歴史が眠る多磨霊園」により著名人の墓所地を知り、その墓地に行かれる場合はその人の自己責任であり、それについて私達は関知しません。 墓所地に行かれる方は、その地を荒らすことがないように掃苔者としてのマナーを守ってくださいますようお願い致します。

 改葬などにより一部の著名人の墓所が多磨霊園から他の霊園に移る場合があります。 このような場合「著名人全リスト」に移転先を記載して著名人氏名をリストに残すことにしています。 また、同様に著名人個人のページも残こすことにしています。

 表記に関して戦前の場合は嫡子と庶子とを区別していますが、長男・次男・三男・・・といった表記をする場合に、庶子を除いて勘定することが良くあります。 現在流布している人名辞典の類では、この辺りの勘定方法が統一されておらず、あるものは嫡子のみ、あるものは庶子を含めて勘定しているという具合になっています。 また、それ以外に夭死した者については、たとえ嫡子であっても勘定しないということがままあります。 『平成新修旧華族家系大成』記載人物の出生順での表記をおこなっています。 『歴史が眠る多磨霊園』では、人名事典に記されている通りに記載しており統一されていない場合があります。ご了承願います。

 このページの作成は一応、どのパソコンでも同じように表示できるよう作成しておりますが、 全てのパソコン、ブラウザおよびブラウザのバージョンで確認したわけではありません。 一部のパソコンでは正しく表示できなかったり、読みにくかったりするかと思います。 また、人名で用いられる漢字(古い漢字など)において、一部のパソコンでは扱えない場合があり、正しく表示できない場合があります。 何かしら表示に不都合がありましたら、メールにて連絡を下さいますようお願い致します。
もし、上手く表示できない場合は次の点を変更してみてください。

 ・文字コードをEUCにする
 ・文字の大きさを変更する



<< 問い合わせ先 >>

 このページで扱う著名人の編集・監修は多磨霊園著名人研究家である小村大樹が行い、ページの制作および管理は、gutiが行っております。 何かしらご質問がある場合は、このページに記載されております説明を理解した上、メールにて質問して下さいますようお願い致します。 なお、質問にはなるべく応えるようにしていますが、多磨霊園に埋葬されている著名人に関する事、この「歴史が眠る多磨霊園」(不具合等)に関する事のみとし、 それ以外の事に関しては応えない、応えられない場合があります。その点をご了解願います。 情報提供や誤認などの指摘等は歓迎しますが、多磨霊園に埋葬されていない、 またはこのページに掲載されていない人物に関して質問されても答えられないのです。

連絡用メールアドレス

gutiからのお願い:
 スパムの処理に苦慮しております。フィルタを用いて仕分けしておりますが、そのうちに重要なメールを誤って削除してしまいかねません。 そのため、yahooやhotmailなどのフリーメールやスパム特有の条件に該当するメールはチェックせずに削除することにしました。今後メールを送られる方は上記の点にご注意くださいますようにお願いします。



<< 備考 >>

このページで扱う著名人は、足で調査した人物が多く含まれています。 万が一誤認を見つけられた方はお手数ですが連絡を願います。
ご子孫(墓所管理者に限る)様から削除要求がある場合にのみ、速やかに当HPは削除を致します。削除を希望される方はメールで連絡を願います。
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。 参考および引用されている文章等の資料、著作物はできるかぎり情報元、資料、引用元を明記しております。これらの権利は情報元、引用元に帰属します。 より詳細を知りたい方は、それらの参考資料、書籍等の購入をお勧め致します。
このページの複写コピー、あるいはその他で所有する方は、メールにて一報お願いします。ここで扱う情報は適時修正、訂正をしております。ご注意願います。



多磨霊園著名人研究家より

 どうもお墓というとマイナスイメージが強い。

 墓地に行けば、呪われるとか幽霊がでるとか恐怖を感じ、墓所イコール「おばけ」という概念が取り巻く。 しかし、よく考えれば、死んだものに対して死んだからと煙たがるのはおかしな話である。 もちろん、身内と他人とでは重んじる気持ちが左右するのも確かではあるが、とりわけ死者に対しては冷たいように思われて仕方がない。


 お墓というものは、一人の人間の終着地点である。

 宗教は関係なく、お墓はそこに眠る人物の歴史が詰め込まれている。 お墓をマイナス的に考える人は多いが、むしろ歴史を肌で感じることができる宝庫であると考えたい。
 人間はいずれ死ぬわけであり、死んだ者を活かすのは生きている者であるのだ。哲学を言うつもりはない。 ただ人としての先輩たちがいるから今の時代があるわけで、思想や環境が変っても、同じ「日本人」という血は変わらない。


 お墓の大きさや墓所面積は関係ない。

 そこに眠る人物たちの歴史から、未来を担う我々が何かを学ぶきっかけになることも眠っているかもしれない。 現代の考えでは到底、理解しがたいことも多いことであろう。過去の歴史を悪いからと臭いものに蓋を閉めることは簡単である。 しかし、私はこのような現代だからこそ今一度、近現代史と向き合ってみたいと考えた。 お墓は歴史を肌で感じるきっかけであり、そこに眠る著名人たちの人物史より、これらの人物たちが当時の状況面・環境面において、 何を考えどうしてそのようなことが起きたのかを学ぶことが「歴史が眠る多磨霊園」の狙いである。

『歴史を学ぶのは、過去の事実を知ることだけではない。歴史を学ぶのは、過去の事実について、過去の人がどう考えていたかを学ぶことだ』

 昨今、多くの霊園が存在しているが、多磨霊園ほどこれほどまでにない著名人が眠っている霊園はない。 現在の調査資料だけでも著名人は1000名を越えている。そこで大きな壁が存在する。著名人の枠はどこまでなのかということである。

その答えに私はこう答えておきたい

私が著名人だと思った人物は全て著名人である」と。

 よって、政治家・文学家・芸術家・研究家・実業家・芸能家・軍人まで幅広く網羅するつもりである。 しかし、いかんせん足での実地調査でのことであるので、中には誤認でアップしてしまっている人物や見逃している著名人もあると思われる。 なにかお気づきの点がありましたら連絡を願います。また新たに見つけしだい付け加えていきたいと思う。
 尚、多磨霊園に関しての情報や調査依頼は必ず理由を説明してください。納得した上で依頼を受けたいと思っています。
また私は小野田石材店で働いていたが、あくまでも多磨霊園の著名人研究は趣味でやっている個人事であるため、一切の営利目的ではないことを付け加えておきたい。


 多磨霊園著名人研究家 小村大樹






| メイン | 使い方 |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。