メイン » » » 和田嘉衡
わだ よしひら

和田嘉衡

わだ よしひら

1864(元治1)〜 1945.3.25(昭和20)

明治・大正・昭和期の実業家(東京計器)

埋葬場所: 1区 1種 6側

 東京出身。父は通称を佐平、号を岡南とした和田義章(M29没 同墓)。
 1896.5.1(M29)東京小石川に日本初の計器メーカーの和田計器製作所(長野計器)を創設。我が国初の圧力計の作成に成功。 なお、弾性圧力計の発明はこの時から50年前にフランス人のE・ブルドンが発明したのが最初である。当時、「Mesuring Instrument」に該当する日本語がなかったため、『計器』という造語に翻訳し、圧力計の国産第1号を世に送り出した。
 主に羅針儀(磁気コンパス)など航海計器を製作し、海軍指定工場となる。制作した羅針儀が旗艦「三笠」に搭載された。 その後、測深儀、航海機器、航空計器とその分野を広げていった。三島徳七(3-1-14-1)の発明による永久磁石鋼の製造も行った。 '17(T6)日本光学工業株式会社設立に携わる。享年85歳。息子の和田重雄(同墓)も同じ計器畑を歩んだ実業家である。


*和田計器製作所の商号は、1902(M35)合名会社東京計器製作所、'17(T6)株式会社東京計器製作所に改組、'48株式会社東京計器製造所、'70株式会社東京計器、'90.9.1(H2)株式会社トキメック、2008.10.1東京計器株式会社に商号を戻し現在に至る。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・わ | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。