メイン » » » 津村信夫
つむら のぶお

津村信夫

つむら のぶお

1909.1.5(明治42)〜 1944.6.27(昭和19)

大正・昭和期の詩人

埋葬場所: 8区 1種 2側

 大学在学中から肋膜炎などを患い病弱であり、死因もアディスン氏病であった。室生犀星に師事、戸隠の自然を愛し、戸隠の抒情を歌った〈四季派〉の詩人。 1933(S8)に逝った姉道子を哀惜して「愛する神の歌」は、抒情溢れる詩である。その姉と並ぶように信夫の墓が建つ。主な作品に「秋の歌」などがある。 アディスン氏病により鎌倉市山之内の自宅で、妻昌子に抱かれて逝く。享年36歳。

<コンサイス日本人名事典>


*墓所は入り口正面に二基建ち、左に折れて一基建つ。折れた墓石は津村家代々墓。正面左側は姉の墓石で、右側が信夫の墓である。墓石正面には戒名で「浩然院湘山清竹居士」と刻み、右面に名が刻む。

*同墓所には信夫の兄で映画評論家の津村秀夫(1907.8.15〜1985.8.12)も眠る。秀夫の長男で甥にあたる津村鷹志は俳優。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・た行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。