メイン » » » 塚原二四三
つかはら にしぞう

塚原二四三

つかはら にしぞう

1887.4.3(明治20)〜 1966.3.6(昭和41)

大正・昭和期の海軍軍人(大将)

埋葬場所: 22区 1種 76側

 福井県生まれ。1908(M41)海軍兵学校36期卒。20(T9)海軍大18期卒。航海術専攻から21年の横須賀航空隊勤務以後、航空に転向。 以後、空母赤城艦長、第2連合航空隊司令官などを経て、1938(S13)第1連合航空隊司令官。 その際、漢口で中国軍機(SB爆撃機九機)の奇襲を受け多数の幹部が戦死した中、左腕を失う重症ながら一命をとりとめる。 太平洋戦争開戦時には第11航空艦隊司令長官として、陸上基地航空機のみでイギリスの2戦艦をマレー沖で撃沈した。 航空本部長、軍令部次長、横須賀鎮守府長官などを歴任し、1945年5月井上成美(21-1-3-18)とともに最後の海軍大将に任ぜられ、軍事参議官。享年79歳。海澄院殿四明日暉大居士。

<現代日本朝日人物事典>
<帝国海軍提督総覧(秋田書店)>


* 名前は「ふしみ」と読む文献もあった。

* 墓所内に墓誌があり、海軍大将の刻みもある。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・た行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。