メイン » » » 土子金四郎
つちこ きんしろう

土子金四郎

つちこ きんしろう

1864.5.18(元治)1.4.13〜 1917.5.1(大正6)

明治・大正期の銀行家、経済学者

埋葬場所: 3区 1種 26側 13番

 江戸(東京)出身。旧幕臣土子豊憲の次男。1884(M17)東京帝国大学文学部政治理財科を卒業し、大蔵省に出仕。次いで東京高等商業学校教授(早稲田大学教授)となる。
 1889経済学研究のため欧米に留学し、ニューヨーク外国銀行で銀行実施・銀行業務を研究。1891帰国後、日本銀行横浜正金銀行に勤務、1897以降は、自らの学問を生かすべく横浜火災海上運送、横浜生命保険の創立に参画し副社長となった。また国家学会の運営に尽力した。
 1908法学博士会の推薦により法学博士の学位を授与された。経済学の知識を実践に移した実業家として活動していたが、病気のため、1914(T3)両社を辞した。
 主な著書に『経済学大意』『外国為替詳解』『財論』『外国貿易論』『銀行論』などがある。他に日本最初の笑い学研究である『洒落哲学』がある。享年53歳。

<コンサイス日本人名事典>
<朝日日本歴史人物事典など>


墓所

*墓石は二基建ち、正面和型「土子家之墓」、右に「法學博士 土子金四郎 墓」、左側に墓誌が建つ。土子金四郎の墓石の裏面も墓誌となっているが俗名はなく、戒名と没年月日のみである。 戒名は真徳院精譽勇進居士。没年月日、行年54才と刻む。妻は登久子(1875-19351)。

*妻の登久子の父は海軍中将・男爵の赤松則良。姉の登志子は森鴎外の最初の妻である。登志子が18歳の1889.3.6森鴎外に嫁ぎ、翌.9.13於菟を生んだ後、11.27離縁された。

*娘の佐久は越後出身の医家の長谷川駒八に嫁ぐ。二人の子の長谷川興蔵は平凡社に勤めた出版人。息子の土子恕一、妻の菊代、孫で税理士の土子加壽夫らも同墓に眠る。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・た行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。