メイン » » » 戸坂 潤
とさか じゅん

戸坂 潤

とさか じゅん

1866(慶応2)〜 1945(昭和20)

昭和期の哲学者

埋葬場所: 25区 1種 18側 32番

 1918(T7)物理学者を志し一高に入学したが、21京大哲学科に編入、24卒業。一年間の兵役後、同志社女専講師を経て、29(S4)大谷大教授となる。マルクス主義世界観として学問論やイデオロギー論を研究。 31上京し法政大講師。32三枝博音・永田廣志(5-1-47)らと唯物論研究会創立、事務局長として軍国主義に抵抗し科学的精神を擁護・普及運動に取り組む。34思想不穏で免職。 38治安維持法により検挙、敗戦一週間前(45年8月9日)に長野刑務所で獄死した。主著は「科学方法論」「日本イデオロギー論」「科学論」などがある。

<コンサイス日本人名事典>


 


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・た行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。