メイン » » » 田邊為三郎
たなべ ためさぶろう

田邊為三郎

たなべ ためさぶろう

1864.12.13(元治1)〜 1931.4.18(昭和6)

明治・大正・昭和期の漢詩人、実業家、政治家

埋葬場所: 7区 1種 2側

 岡山県出身。為三郎は通称、本名は田邊華(たなべか)、字は秋穀(しゅうこく)、号を碧堂(へきどう)。金町製瓦、日本煉瓦会社重役、讃岐紡績取締役を経て日清汽船監査役。後年二松学舎、大東文化大学教授となり作詩を講じた。 実業のかたわら森春濤(14-1-3-3)の茉莉吟社で漢詩を学び、のち国分青僂留洞舛鮗けた。「碧堂絶句」「衣雲集」「凌滄集」「壮行集」などがある。更に衆議院議員(岡山県第4区選出)となり憲政本党に属し当選2回。

<詩歌人名事典>
<歴代閣僚と国会議員名鑑>
<MATSU様より情報提供>


 


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・た行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。