メイン » » » 田部重治
たなべ じょうじ

田部重治

たなべ じょうじ

1884.8.4(明治17)〜 1972.9.22(昭和47)

大正・昭和期の登山家、山岳紀行文家、英文学者

埋葬場所: 9区 1種 18側 21番

 富山県出身。旧姓は南日(なんにち)。田部家に養子。南日恒太郎、田部隆次の二人の兄は英文学者。四高から東京帝国大英文科に進み1908(M41)卒業。中央大、国学院大に進み、東洋大、法政大などで教授を歴任した。 「中世欧州文学史」「ペイター」などを刊行するなど学者として活躍した。
 同時に、立山山麓で生まれ育ったこともあり、四高時代に林並木教授の影響を受けて登山に関心を抱き、更に大学時代に木暮理太郎(22-1-44-21)を知って山に親しみ始め、北アルプス、奥秩父など多くの山々を登り登山家として活動。 毛勝岳の初登山や秩父における足跡は貴重。1919(T8)「日本アルプスと秩父巡礼」を出版。はじめ南日重治の名前で紀行文を発表。昭和に入ってからも多くの登山紀行を著した。
 著書に「山と渓谷」(1929)、「峠と高原」(1931)、「中世欧州文学史」(1933)、「若き日の山旅」(1956)。その静観的登山は後代に大きな影響を与えた。1950(S25)日本山岳名誉会員に推された。晩年になって1965に自伝「わが山旅五十年」を刊行した。

<コンサイス日本人名事典>
<朝日人物事典>


*富山市の法華寺に分骨されている。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・た行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。