メイン » » » 高橋康也
たかはし やすなり

高橋康也

たかはし やすなり

1932.2.9(昭和7)〜 2002.6.24(平成14)

昭和・平成期の英文学者、
シェークスピア研究の第一人者

埋葬場所: 22区 1種 75側

 東京出身。東京帝国大学卒業。同大学英文科大学院修了後、中央大学専任講師を経て、東京大学教養学部の専任講師、助教授、'77(S51)教授となる。英文科や比較文学を大学院でも教えた。1992(H4)停年退官し、東京大学名誉教授。その後、昭和女子大学大学院教授を務めた。
 日本英文学会会長、日本シェイクスピア協会会長、国際シェイクスピア学会副会長を歴任。'93英国よりCBE勲章を受章した。 サミュエル・ベケット、ルイス・キャロル、シェイクスピアなどを研究対象とし、マザーグースなどのノンセンス文学を再評価、文学における言葉遊びに光を当てた。 またシェークスピア、ベケットなどの演劇や日本演劇についての評論も展開し、『橋がかり』(2003)を刊行。晩年は更に能・狂言にも注目し、シェイクスピアの「ウィンザーの陽気な女房たち」、「間違いの喜劇」をそれぞれ狂言『法螺侍』、『間違いの狂言』(2003)に翻案した。 これは英国など海外でも評価され、上演された。これに主演した野村萬斎がNHK教育テレビ『にほんごであそぼ』で「ややこしや、ややこしや」という台詞を用いたことで、視聴した子供たちが口にするようになり流行語となった。
 著書に『エクスタシーの系譜』(1966)、『サミュエル・ベケット』(1971)、『キャロル イン ワンダーランド』(1976)、『道化の文学』(1977)、『ノンセンス大全』(1977)、『ウロボロス』(1980)、『アリスの国の言葉たち 高橋康也対談集』(1981)など。 また、共著・編著・翻訳も多く、妻で翻訳家の高橋迪(たかはし みち:1956津田塾大学卒業)との共訳も多数出版している。 更に、娘の河合美穂子、息子で慶応義塾大学准教授・近代英文学者の高橋宣也とも共訳にて出版している(娘とは『愛の天使』、息子とは 『シェイクスピア・ハンドブック』等)。 娘の河合美穂子の夫は東京大学総合文化研究科教授の河合祥一郎であり、高橋康也亡き後にシェイクスピア研究を引き継いでいる。享年70歳。

<講談社日本人名大辞典など>
<森光俊様より情報提供>


 


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・た | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。