メイン » » » 鈴木文助
すずき ぶんすけ

鈴木文助

すずき ぶんすけ

1887.1(明治20)〜 1949.11.8(昭和24)

大正・昭和期の生物化学者

埋葬場所: 10区 1種 7側 8番

 福島県出身。旧姓は荒木。オリザリン(ビタミンB1)の発見者者である鈴木梅太郎(同墓)の養子。
 東京帝国大学農芸化学科卒業。農学博士。1923(T12)京都帝国大学教授となり、同校農学部長。'33(S8)油脂の研究(脂肪管及びこれを含有する生物体成分の研究)で学士院恩賜賞。'34東京帝国大学教授に転身、理化学研究所研究員を兼務。病気のため退職した。 享年61歳。

<世界人名辞典(東洋偏)>
<講談社日本人名大辞典>


墓所
鈴木梅太郎先生碑 鈴木文助先生碑

*墓所は正面和型「鈴木家之墓」。墓誌があり、鈴木文助の戒名は真解院釋大應居士。墓所入口には正面に向けて、左側に門下生から贈られた「鈴木梅太郎先生碑」が建ち、右側に「鈴木文助先生碑」が建つ。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・さ行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。