メイン » » » 中田乙一
なかた おとかず

中田乙一

なかた おとかず

1910.8.29(明治43)〜 1999.12.28(平成11)

昭和期の実業家(三菱地所)

埋葬場所: 22区 1種 6の2側

 北海道小樽市出身。中田乙松(同墓)の長男。小樽高等商業(小樽商大学)卒業。召集を受けて復員経験もある。 1932(S7)大蔵省入省し函館の税務署勤務を経て、'39三菱地所に転じ、総務部長、専務、副社長などを務める。
 '69社長に就任。東京丸の内のビル賃貸事業が中心だった三菱地所を総合不動産会社に転換させ、積極経営で業績をのばした。 その第一弾が、赤坂パークハウス分譲(マンション事業に進出)である。'72ニューヨーク社を設立し、'73札幌、仙台、名古屋、大阪各支店を新設 。故郷、望洋台開発の立役者ともされる。'80会長。サンシャインシティ会長なども務めた。
 戦争で中断していた新丸ビル建設を再開するときの批判にこたえて発した「ご都合主義で信念を曲げてはいけない」という格言がある。 著書に『丸の内今と昔縮刷』。正4位 勲2等。享年89歳。

<講談社日本人名大辞典など>


*墓石は和型「中田家之墓」。右面が墓誌になっており、聖ミカエルの洗礼名が俗名・生没年月日と共に刻む。妻の静代は聖テレジアと刻む。父と母は浄土真宗の戒名が刻む。

*三菱地所の歴代社長には福澤諭吉の次男で新聞人の福澤捨次郎(2-1-12-5)の孫の福澤武も務めた。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・な | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。