メイン » » » 牟田悌三
むた ていぞう

牟田悌三

むた ていぞう

1928.10.3(昭和3)〜 2009.1.8(平成21)

昭和・平成期の俳優、社会福祉活動家

埋葬場所: 12区 1種 10側

 東京出身。麻布高校を経て、北海道大学農学部卒業。大学在学中にNHK札幌放送演劇部入団しラジオ・テレビに出演。卒業後は東京に戻り、劇団テアトル・エコーの結成に参加、3年後フリーとなり、村上事務所所属の俳優として活動。
 '64(S39)頃からテレビに出演、'66(S41)松竹映画「坊ちゃん」の教頭役で銀幕デビュー。その後、数多くの映画、テレビ、ラジオ、舞台と幅広く活動。 特にテレビドラマで庶民的持ち味の名脇役として活躍。有名な作品として、ドラマ「ケンちゃんシリーズ」の父親役、「3年B組金八先生」第1シリーズでの杉田かおる演じる浅井雪乃の父親役がある。 他に、「お駒さん2」「母ちゃんは犯人じゃない」「江戸中町奉行所」などに出演。舞台では「澪つくし」「宝暦相聞歌」、映画では「本覚坊遺文・千利休」「冬の橋」「ひかりごけ」などに出演。遺作は、2008(H20)NHK広島放送局開局80周年ドラマ「帽子」。
 1980.10 TBSラジオ「牟田悌三の税金相談」のタイトルで放送開始、途中「牟田悌三 税の質問箱」とタイトルを代えつつ、'88.3いったん終了を挟み、同.10より「牟田悌三のあなたのための税金相談」(提供は国税庁)と改題して再開、2005.3終了まで25年間にわたり1066回放送。このメインパーソナリティーを務めた。
 またボランティア活動や地域活動にも力を入れ、社会福祉活動家、教育市民運動家として世田谷区ボランティア協会で活動。後に世田谷ボランティア協会名誉理事長。 夢企画あった会会長、北海道開発庁審議会特別委員なども務める。子どもの電話相談を受けつけるNPO法人「チャイルドライン支援センター」代表理事を務め市民活動に大きく貢献。 2000年度の吉川英治文化賞を受賞した。著書に『大事なことはボランティアで教わった』などがある。 なお、ボランティア活動の動機は、中学校のPTA会長を務めていた時に、障害をもった人たちとの交流会を開き、その活動を10年間続けているうちに、逆に中学生から色々なことを気づかせてもらったことがボランティア観になったと述べている。世田谷区深沢の自宅で入浴中に倒れ緊急搬送されるも、虚血性心不全で逝去。享年80歳。

<日本芸能人名事典>
<テレビ・タレント人名事典>
<NPO法人全国不登校新聞社 Fonte>


*墓石は「牟田家之墓」。墓誌があり、俗名・没年月日・行年が刻む。同墓所には牟田易太郎(1965.1.1没 91才)も眠る。『牟田易太郎自傳』が刊行されていることから著名人であると思うが現在調査中。


【牟田悌三のボランティア観】
『ボランティアというと、自己犠牲とか、奉仕とか、正しき良き、どこかお高いところにあるものと思われがちですが、それではどうしても、「○○してあげる」という関係になってしまう。 ボランティアというのは、何かすると同時に、相手からも、もらうものがあるわけです。自分にとっても、自己開発であったり、自己実現につながるものであったり、体験学習だったりする。 学習しようと思ったら、お金を出してでもしますよね。それなのに、お金をもらったりしたら、おかしいじゃないですか。』


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・ま | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。