メイン » » » 村岡素一郎
むらおか そいちろう

村岡素一郎

むらおか そいちろう

1850.10.18(嘉永3)〜 1932.5.25(昭和7)

明治・大正・昭和期の官吏、民間史論家

埋葬場所: 7区 1種 9側

 筑前国博多出身。黒田藩医の村岡養益の子として生まれた。家は相模の村岡五郎良文の跡という。1865(慶応1)阪巻塾で漢学を学ぶ。 19歳で維新に際し、征討軍に加わり東下、のち修猷館で学んだ。1878(M11)茗渓師範学校(東京高等師範学校)卒業。 同年、北海道開拓使函館支庁に招かれ、函館師範、根室県学務課長などを務めたあと、1884官職を辞して東京に戻る。『日本神学新説』を出版。
 1894静岡県属に就任し教育職役人となる。静岡県という徳川家康と縁が深い土地の官吏をしていたことで、多くの家康にまつわる文献を読むにあたり、家康の出自に疑問を抱くようになり、公職の傍らで調査、研究を始める。 静岡市の講演会で「家康の出生の研究」を発表し反響を呼ぶも、これが基で免職になり、一家は上京。 その後、北海道、豊橋、岐阜で郡視学など学校関係の職を得て各地を回る。 その間も、家康の旧蹟、秘録、社記などその伝記に対する批判の材料を集め考察を行い、1902『史疑 徳川家康事蹟』を刊行した。 村岡は歴史学者ではないため、学者としての論述ではなく、断片を推察的に主張したものであったため、桑田忠親らの反対論者も出て論争になるなど注目を浴びた。
 晩年は大連に移り住んだ。享年81歳。孫の村岡五郎(1916.9.21-1986.11.30 同墓)は北海道帝国大学農学部卒業後、獣医学者として活躍した人物。

<物故事典など>
<森光俊様より情報提供>


【史疑 徳川家康事蹟】
 村岡素一郎は1902(M35)『史疑 徳川家康事蹟』を徳富蘇峰(6-1-8-13)の民友社より出版した。 重野安繹(内閣修史編修官兼東京帝国大学教授)が序文に協力している。定価は25銭。初版500部刊行された。 しかし、この本は公爵徳川家等の圧力により重版されず、絶版となった。戦後、昭和30年代に作家の南條範夫が『願人坊主家康』、『三百年のベール』を出版。 八切止夫が小説『徳川家康は二人だった』、隆慶一郎が小説『影武者徳川家康』、村岡の外孫に当たる榛葉英治が『史疑徳川家康』を出版したことにより、村岡説が唱えた徳川家康の出自の史疑が再注目されるようになった。 これに伴い、'65原本の集録が行われ、『明治文学全集77 明治史論集』として筑摩書房より発行された。


【徳川家康影武者説】
 村岡素一郎は、徳川家康の伝記に対する真偽の考察に当たって、まず、わが国の歴史に現れた自然の大きな法則「上下階級の顛倒(貴賎交替の思想)」があり、これが歴史の自然法であったと説くことからはじめた。 そして、徳川家康の威徳を欽仰することでは、家康出生・成長の中に「貴賎交替の思想」があると正史に疑問を投げかけたのだ。 簡単に言えば、勝者が都合が良いように歴史を改ざんしたということである。 すなわち、戦国時代の乱戦時の歴史は、天下統一を取り、江戸幕府をつくった徳川家康、その家臣が都合よく捏造したのではないかと村岡は疑い、この改ざんは、日本の歴史で度々行われていることであるとし、平安・鎌倉・室町などの政権を取った人物たちを取り巻く伝記・史実にメスを入れた初めての人物であるのだ。
 家康影武者説の大胆な説を下記のように発表している。
「松平広忠の嫡男で、幼名は竹千代。元服して松平二郎三郎元信と名乗った人物は、正真正銘の松平(徳川氏)の当主である。 桶狭間の戦いで今川軍の先鋒として活躍したのも、この竹千代(当時は元康)である。しかし元康は桶狭間の戦いで今川義元が死去した後に独立したが、数年後に不慮の死を遂げた。 そして、その後に現れる家康は、世良田二郎三郎元信という、全くの別人が成り代わったものである。」*徳川家康の前名は松平元康。
 この家康の影武者となった世良田二郎三郎元信は、本名を酒井浄慶という願人坊主(妻帯肉食を許された坊主)だったのではないかと仮説だてている。 更に、この人物の母は家康の母とされる伝通院(於大の方)とし、父は広忠ではなく、時宗の祈祷僧の江田松本坊ではないかという。 伝通院は兄の水野信元が信秀についたため、今川の誤報をさけるために広忠と離縁し、後に久松俊勝と再婚するのだが、その間に儲けた江田との間の子が、家康の影武者となる人物ではないだろうかとしている。
 松平元康(本物の徳川家康)は1560(永禄3)12月5日織田信長と戦うべく尾張に向けて侵攻をしていた尾張守山において、阿部正豊(弥七郎)に暗殺されたのではないかという(史実では、この時に暗殺されたのは家康の祖父の清康とされている)。 しかし、当時の松平(徳川)の三河は、尾張の織田信長と甲斐の武田信玄に挟まれており、元康(家康)の子の信康は3歳ということもあったため、家臣団は、母が同じで顔立ちも似ていたことから、替え玉として世良田二郎三郎元信と挿げ替えたのではなかろうかとしている。これが本当であれば、本物の徳川家康は享年20歳で没したこととなる。
 その他にも村岡は家康の影武者は何人かいたとし、その謎の解明の仮説を立てている。 例えば、「大坂夏の陣」の際に家康は真田幸村に討ち取られたとするものがあげられる。 家康の死が広まれば混乱になると予測し、幕府安定のために異母弟の樵臆恵最もしくは小笠原秀政が影武者となり、家康の代行をさせたという説がある。 家康の墓も各地に点在し、家康は本当に一人だったのかと疑わしい点も多数あるが、現在をもって、全てが謎のベールに包まれている。

<影武者徳川家康など>


 


関連リンク:

今川時代再発見:歴史の真相 二人の家康



| メイン | 著名人リスト・ま | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。