メイン » » » 物集和子
もずめ かずこ

物集和子

もずめ かずこ

1888(明治21)〜 1979.7.27(昭和54)

明治・大正期の小説家、掃苔家

埋葬場所: 9区 1種 10側

 本名は和。のち藤浪和。藤岡一枝の筆名もある。また掃苔者としては藤浪和子としている。
 国語学者の物集高見の娘。跡見高等女学校卒業。姉の芳子(のち推理小説家)とともに夏目漱石に師事、1910(M43)7月『ホトトギス』に小説「かんざし」を発表。 翌年、平塚らいてうに誘われ青鞜発起人5人のうちの一人となる。同年9月の創刊号から翌年4月まで、青鞜社は物集家の和子の自室にあり、『青鞜』の編集室もここにおかれた。 同誌に「七夕夜」「お葉」などの小説を発表。同誌二巻四号が発禁になり物集家へ官憲が踏み込んだことから父の怒りをかい、母の死を理由に青鞜を退社する。その後同誌には藤岡一枝の筆名で「おきみ」などを発表。 このころ医学者で慶応義塾大学教授の藤浪剛一(同墓)と結婚。聾教育振興会婦人部常任幹事をつとめる。1942(S17)夫と死別。 掃苔を趣味とし、日本史学者の三上参次、同じく日本史学者で森鴎外の末弟の森潤三郎、書誌学者の森銑三、日本画家で『東京美術家墓所誌』を出した結城素明らは、掃苔仲間であった。特別養護老人ホームさつき荘にて90歳で死没。

<五輪塔様より情報提供>


墓地

*正墓は名古屋市千種区にある


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・ま行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。