メイン » » » 藤浪剛一
ふじなみ ごういち

藤浪剛一

ふじなみ ごういち

1880(明治13)〜 1942(昭和17)

明治・大正・昭和期の医学者(レントゲン)

埋葬場所: 9区 1種 10側

 愛知県出身。旧尾張藩の侍医藤浪万得の子。病理学者の藤浪艦の弟。岡山医専(岡山大医学部)卒業後、1909(M42)ヨーロッパ留学、ウィーン大学でレントゲン学を修める。 12帰国後、順天堂病院レントゲン科長となり、草創期の日本レントゲン学界に尽くした。20(T9)慶大医学部教授となり、理学的診療科を主宰。 日本レントゲン学会・日本医史学会・日本温泉気候学会などの創立に参加した。著書に「内臓レントゲン診断学」1916がある。

<コンサイス日本人名事典>


墓地 碑

*墓所には墓石建立者の藤浪稔のみ。

*剛一の妻である藤波和子は、著名人の墓所調査、掃苔者としてののパイオニアで、『東京掃苔録』の本を残している。また小説家として物集和子や藤岡一枝の筆名で活躍した。

*墓所は多磨霊園の他に、正墓として名古屋市千種区にもある。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・は行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。