メイン » » » 水田義雄
みずた よしお

水田義雄

みずた よしお

1907.2.10(明治40)〜 1982.2.26(昭和57)

昭和期の法学者

埋葬場所: 1区 1種 1側

 東京出身。小説家の水田榮雄(水田南陽:同墓)の4男として生まれる。1929(S4)早稲田大学法学部卒業。弁護士の免許を取得して法律事務所を開設した。
 比較法学を専門とし、早稲田大学助教授に転身。後に教授となった。'60「英国比較法研究」で法学博士。'77 停年退官し、早稲田大学名誉教授。その後は大東文化大学教授となる。
 主な著書に『アメリカ法史概説』(1949)、『米法教材』(楠本英隆と共編:1950)、『英法学序説』(1957)、『欧米諸国の比較法研究所』(1958)、『英国比較法研究』(1960)、『英法研究への手引き』(1963)、『西欧法事始』(1967)、『水田義雄教授還暦祝賀論集』(1967)、『法の変動と理論 英米法における法典化』(1969)などがある。享年75歳。


*墓石正面「水田家之墓」、裏面「水田榮雄建之」。墓所左右に墓誌が建つ。左側の墓誌は「唐津 水田 家先祖代々之墓誌」と刻み、唐津乙吉 夫妻、兄 水田力蔵ら江戸後期から明治期の人物が刻む。右側の墓誌は「水田家墓誌」に水田義雄は刻む。妻は寿子。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・ま | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。