メイン » » » 水野 直
みずの なおし

水野 直

みずの なおし

1879.1.5(明治12)〜 1929.4.30(昭和4)

明治・大正・昭和期の貴族院議員、子爵

埋葬場所: 6区 1種 16側 1番

 本籍東京都。水野忠愛(ただよし)の子。忠愛は武家・朝日山〈近江〉藩・1万8千石、1884.7.8(M17)子爵授爵。1903(M36)東京帝国大学法科大学卒。父没後、子爵を授爵し貴族院議員となる。 議員就任後、加藤(高)内閣陸軍政務次官のほか、学習院御用掛、臨時教育会議委員、鉄道会議臨時議員、資源審査会委員等となる。政府と貴族院との連絡に努め、子爵議員團の重鎮として活躍した。 研究会に属した議員在任期間は、1904(明治37)7月〜1920(大正9)6月、1922(大正11)10月〜1929(昭和4)4月の没するまで務めた。

<東京掃苔録 藤波和子>
<歴代閣僚と国会議員名鑑>
<平成新修旧華族家系大成>


*子爵授爵者は忠愛→直→勝邦→勝之である。従三位 勲一等

*墓所内の墓石の刻みは「水野直墓」とフルネームで刻む。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・ま行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。