メイン » » » 三好 学
みよし まなぶ

三好 学

みよし まなぶ

1861(文久1)〜 1939(昭和14)

明治・大正・昭和期の植物学者

埋葬場所: 8区 1種 10側 26番

 岐阜県出身。東大理科卒業後、1895(M28)東大教授、理学博士。1920(T9)学士院会員に推され、22附属植物園長を兼ねた。 23退職、名誉教授、日本植物学会長に就任。桜の研究の権威で、天然記念物保存事業の主唱者であった。 著書「欧州植物学輓近之進歩」は植物生態学を生理学から区別した画期的なものであった。

<世界人名辞典(東洋篇)東京堂出版>


 


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・ま行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。