メイン » » » 宮城長五郎
みやぎ ちょうごろう

宮城長五郎

みやぎ ちょうごろう

1878(明治11)〜 1942(昭和17)

大正・昭和期の司法官僚

埋葬場所: 22区 1種 68側 1番

 東京地裁・大審院各検事、長崎・名古屋各控訴院検事長を歴任し、5・15事件のほか血盟団・明糖・帝人などの諸事件を担当。のち阿部内閣の法相をつとめ、辞任後1940(S15)からは勅選貴族院。 その間、帝国更生会・司法保護協会各会長になり司法保護事業に尽力した。妻たまよは敗戦後初の参院議員をつとめた。

<コンサイス日本人名事典>


墓誌


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・ま行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。