メイン » » » 三浦伊八郎
みうら いはちろう

三浦伊八郎

みうら いはちろう

1885.4.13(明治18)〜 1971.10.11(昭和46)

大正・昭和期の森林化学者、農林学者

埋葬場所: 22区 1種 50側

 和歌山県出身。1912(M45)東京帝大農科大学林学科卒。'14(T3)同大学講師、翌年教授となり、農学部長、南方自然科学研究所長等を歴任し、'46(S21)同大学退官。 同年日本大学教授となり、同大学農学部長をつとめ、'52退職した。また大日本山林会会長、帝国森林会会長等を歴任した。 この間'29(T9)論文『木炭ノ性質、一植物性脱色炭ノ製法及性質』により林学博士の学位を受けた。
 樹木の有用成分の定量、木炭の研究、木村防腐に関する研究、パルプ研究の開発等に関して大きな研究業績を残した。

<日本人名大事典 現代>
<MATHU様より情報提供>


*伊八郎の子の三浦高義は農学博士・獣医学者も同墓に眠る。また逓信技師の三浦愿市も眠る。

*墓石は和型「三浦伊八郎家之墓」。左側に墓誌がある。戒名は興学院鶴壽榮林大居士。墓誌には各々の簡略歴が刻む。三浦伊八郎は「紀伊国山田村吉原(橋本市)に生まれる。 東京帝国大学教授、同農学部長、日本大学農獣医学部長等を経て、歿時迄、大日本山林会長、帝国森林会長等を務める。林学博士。勲二等旭日重光章を受け正三位を贈られる」と刻む。 伊八郎の妻はイサ子(1974.4.19歿:扶学院鶴操栄室大姉)。イサ子の父は林学博士の本多静六で、次女として生まれる。 三浦高義は「東京都渋谷区に生まれる。農林省技幹、応召、東京大学教授。東京大学農学部附属牧場場長を経て、停年退職。農学博士」と刻む。高義の妻は友子(2007.8.13歿)、神代雄三の次女。

*隣りの墓所には逓信技師の三浦愿市の墓石が建つ。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・ま行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。