メイン » » » 三井幸雄
みつい ゆきお

三井幸雄

みつい ゆきお

1938.3.3(昭和13)〜 2000.1.19(平成12)

昭和・平成期の生物物理学者

埋葬場所: 15区 1種 8側

 東京出身。父は植物栄養学者の三井進午(同墓)。1961(S36)東京大学薬学部薬学科卒業。'66東京大学大学院薬学研究科薬学専攻、博士課程終了。 専門は生物物理学、X線結晶学、分子薬理学、蛋白質結晶学、蛋白質工学、構造生物学等の広範な分野で独創的な研究を行った。
 '66東京大学薬学部助手、のち助教授を経て、長岡技術科学大学教授。この間、'67〜'68シカゴ大学研究員、'68〜'69プリンストン大学研究員、'69〜'70エール大学研究員。 '88C型肝炎などに有効なインターフェロンの立体構造を世界で初めて解明した。その功績により、'94(H6)国際インターフェロン学会からミルシュタイン賞を受賞。 他に、'79(S59)「アルカリ性ブロテアーゼ、サブチリシンの阻害蛋白に関するX線結晶学的研究」により、日本結晶学会賞、「X線回折法による蛋白質・核酸の精密構造の研究」により、日本薬学会奨励賞も受賞している。 左腎盂尿管癌のため逝去。享年61歳。抗癌作用のある蛋白質のX線結晶構造解析も研究テーマの一つであったとされるのが皮肉である。

<物故事典>
<森光俊様より情報提供>


 


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・ま | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。