メイン » » » 三井進午
みつい しんご

三井進午

みつい しんご

1910.1.1(明治43)〜 1988.9.4(昭和63)

昭和期の植物栄養学者

埋葬場所: 15区 1種 8側

 東京出身。1932(S7)東京帝国大学農学部農芸化学科卒業。農林省農業試験場技手となり、技師、土壌肥料部長を経て、'48東京大学農学部助教授、'52教授、'63大学院化学系研究科委員長を歴任。 アイソトープを初めて農学に利用したことで知られた。'70東京大学名誉教授となり、'83日本学士院会員。著書に『植物栄養と肥料の研究』『水田の脱窒現象』『作物の要素欠乏』などがある。 '56仁科記念賞、'60日本農学賞、'67日本学士院賞などを受賞した。享年78歳。子に生物物理学者の三井幸雄(同墓)がいる。

<物故事典>
<森光俊様より情報提供>


 


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・ま | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。