メイン » » » 加藤建夫
かとう たてお

加藤建夫

かとう たてお

1903.9.28(明治36)〜 1942.5.22(昭和17)

昭和期の陸軍軍人(少将)、隼戦闘機隊長

埋葬場所: 20区 1種 12側 19番

 北海道上川郡東旭川村(旭川市)出身。1925(T14)陸軍士官学校(37期)卒業。'27(S2)所沢飛行学校卒業。翌年同校の教官となる。 '32明野飛行学校教官、'36飛行五連隊中隊長。'37飛行第二大隊中隊長として日中戦争で活躍。'39陸軍大学専科を卒業し陸軍航空本部員。 '41太平洋戦争では飛行第六四戦隊長(4代目隊長)として、一式戦闘機「隼」で編成された加藤隼戦闘隊を指揮した。 マレー半島、ジャワ、ビルマ方面でイギリス空軍、中華民国空軍及び中国空軍を支援したアメリカ合衆国義勇軍と戦果を重ね、南方侵攻作戦の成功に貢献した。 '42.2中佐に昇進。同年5月22日、ベンガル湾上空でブリストル・ブレニム爆撃機を撃墜したが、ブレニムの尾部統座により被爆、帰投不能に陥り、帰還困難と悟り、また敵勢力地域への着地を許さず自爆の道を選んだ。戦死後、二階級特進し少将。
 戦死後、加藤の活躍ぶりは軍神と称えられた。'44「加藤隼戦闘隊」として映画化、監督は山本嘉次郎、特撮監督はウルトラマンなどで戦後有名となる円谷英二が担当。加藤役は藤田進。 昭和19年に最も興行成績を上げるヒット作となった。その他、軍歌、国定教科書に取り上げられた。

<新潮日本人名辞典>
<コンサイス日本人名事典など>


*長男の加藤正昭(同墓)は東京大学名誉教授の素粒子物理学者。

*墓所は、多磨霊園の他に旭川市豊岡の愛宕墓地にもある。

*旭川市東旭川町の旭川神社境内にある兵村資料館、陸上自衛隊丘珠駐屯地(丘珠空港と同居)資料館に加藤建夫に関する貴重な資料や遺品が保存・展示されている。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・か行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。