メイン » » » 二神 武
ふたがみ たけし

二神 武

ふたがみ たけし

1901.8.2(明治34)〜 1985.11.27(昭和60)

大正・昭和期の野球選手

埋葬場所: 8区 1種 5側

 東京出身。立教大学卒業。立教大学在学中、野球部に所属。当時の立教大学は早稲田大学野球部監督で後に「学生野球の父」と称され、「一球入魂」の生みの親である飛田穂洲の指導を仰ぐ。 飛田の影響もあり、早慶戦を起源に追随した明治大学、法政大学が加わって行われていた大学リーグ戦に立教大学も加わることを提案し、認められ、1921(T10)立教大学が五番目の大学として加入した。立教大学野球部初代部長は杉浦貞次郎。その後、'25東京帝国大学が参加し、東京六大学野球連盟が発足された。
 大学卒業後は、南満州鉄道に入社し、野球も引き続き行う。'27(S2)東京日日新聞(毎日新聞)によって、第1回都市対抗野球大会が始まり、大連市・満州倶楽部(大連満鉄クラブ)の外野手として活躍し、チームを優勝に導いた。 試合の内訳は下記である。1回戦を京城市の竜山鉄道局に8対7、2回戦を名古屋市の名古屋鉄道局に6対1、準決勝を札幌市のワゴナーに16対2、決勝を大阪市の全大阪に3対0で勝利し優勝。
 戦後、東京六大学野球連盟理事をつとめた。享年84歳。

<講談社日本人名大辞典>
<The Baseball Hall of Fame & Museum など>
<森光俊様より情報提供>


 


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・は | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。