メイン » » » 二神駿吉
ふたがみ しゅんきち

二神駿吉

ふたがみ しゅんきち

1867(明治)〜 1961.10.1(昭和36)

明治・大正・昭和期の政治家、実業家

埋葬場所: 8区 1種 5側

 愛媛県出身。深蔵の次男として生まれる。1891(M24)東京法学院卒。
 東京モスリン紡織(株)支配人となり、のち三井物産に入社。 名古屋、門司各支店長を経て、大日本人造肥料、合同油脂各(株)専務取締役、台湾肥料、日本油脂、樺太開発各(株)社長となるほか、朝鮮油脂、満州油脂、日本硫黄、日産火災海上保険、大日本特許肥料、宇部窒素工業、宇部興産各(株)取締役、日本グリセリン同業会長、中央大学監事、同理事となる。
 1928(S3)第一回普通選挙に選ばれ衆議院議員(愛媛県第3区選出,当選1回,立憲政友会)となる。従五位勲四等瑞宝章。享年93歳。

<歴代閣僚と国会議員名鑑>
<MATHU様より情報提供>


*墓石には「多磨二神」と刻む。

*愛媛県にある諏訪公園を作ったのは二神駿吉であり、公園内には駿吉の像や二神深蔵の功徳碑、二神伝蔵の歌碑などがある。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・は行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。