メイン » » » 藤田譲次
ふじた じょうじ

藤田譲次

ふじた じょうじ

1901.11.2(明治34)〜 1997.1.8(平成9)

昭和期の実業家、桜町市民いこいの家遺贈者

埋葬場所: 5区 1種 18側

 東京出身。父は明治生命保険会社創立時の一員で後に社長となった藤田譲。二男として生まれる。
 1925(T14)慶應義塾大学法科卒業。'27(S2)英国ロンドン大学留学。帰国後、三井物産入社。海外の支店長などを歴任。
 戦後、'47米軍GHQの命により、府中と所沢に設立された米軍車両整備工場ビクターオート株式会社の米軍担当責任者に選ばれ、'57社長となる。'62三井系列の貿易商社の日本ウエイウイツク株式会社の初代社長に就任。米国をはじめ世界との交易を行った。小金井市の聖ヨハネ桜町病院にて逝去。享年95歳。

<「桜町市民いこいの家」遺贈者紹介>


墓所 歌碑

*墓石正面は「藤田家之墓」。裏面は「昭和三十年九月 藤田譲次 建之」と刻む。右側に墓誌があり十字を刻んで、俗名・没年月日・享年が刻む。その右側に十字を刻んで「歌碑」とあり、「『おどろくばかりの めぐみなりき 恵みの御神を たたえまつらん』讃美歌233(アメージング・グレース)より 平成26年10月 奉納 藤田明」と刻む。藤田明(2015.1.3歿 享年79歳 同墓)は譲次と君子の長男。

*譲次の妻の藤田君子(1910.12.5-2009.12.18 同墓)は、永瀬家の三女として東京に生まれる。良家の出身で華道、茶道、舞踊の道を極め、師範となる。戦後すぐ女性としては数少ない航空機による海外渡航を経験。聖ヨハネ桜町病院にお世話になった事から、カトリック小金井教会の敬虔な信者となる。白寿を迎え長寿をまっとうした。享年99歳。

*「桜町市民いこいの家」(東京都小金井市桜町二丁目12番27号)は、藤田譲次・君子夫妻が生前住んでいた邸宅である。夫に先立たれたことで、君子は晩年は同市内のマンションで暮らしたが、同マンションに市社会福祉センター建設運動の当時の会長と親交を持ったことで、福祉センターとなる場を探していることを知り、「(自宅)を市民に利用してほしい」と遺書を残した。没後、遺言通り、藤田夫妻より社会福祉法人小金井市社会福祉協議会に建物と庭園が遺贈され、地域住民の「いこいの家」として2012年4月にオープン。現在は地域の高齢者の利用、趣味のサークル、育児中の母親たちの集まりなどに利用され、常に7割予約で埋まるほど地域住民の憩いの場として活用されている。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・は | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。