メイン » » » 早川徳次
はやかわ のりつぐ

早川徳次

はやかわ のりつぐ

1881.10.15(明治14)〜 1942.11.29(昭和17)

大正・昭和期の実業家(地下鉄道先駆者)

埋葬場所: 15区 1種 4側

 山梨県東八代郡御代咲村(笛吹市)出身。父の常富は御代咲村村長。長兄の富平は山梨県会議員。
 1908(M41)早稲田大学法律科卒業。政治家を志し、南満州鉄道総裁となった後藤新平を募って満鉄に秘書課嘱託として入社。 間もなく、後藤総裁の逓信大臣就任とともに辞職したが、短期間の満鉄での経験から鉄道の重要性を認識して、政治家志望を断念し、実業界への転向を決意する。 鉄道業を習得して実業界へ転身するためには現業を体験する必要を痛感し、後藤に乞うて中部鉄道管理局秘書課に転勤し、鉄道業に関する一般事務を習得、さらに新橋駅員となって、改札掛、手荷物掛などの現業事務を体験した。 '09東武鉄道会社に招かれ、買収した佐野鉄道(栃木県佐野-葛生間)の経営の主任者として約6か月間でその手腕を発揮して、民間事業経営の第一歩を踏み出した。 この手腕を認められて郷里の先輩の根津嘉一郎(15-1-2-10)が社長となっている大阪の高野登山鉄道(南海高野線)会社の支配人に招かれ、経営不振に陥っていた同社の再建を2年半で成し遂げた。
 '14(T3)欧米各国の鉄道ならびに港湾の調査研究のため外遊したが、ロンドンの交通機関の発達に目を見はり、当初の目的である鉄道と港湾の調査を放棄して、都市交通機関の研究に移り、これからの都市交通は地下鉄を建設する以外に打開の道がないと確信し、さらにフランス、ニューヨークなど世界の主要な地下鉄道を調査研究、資料を蒐集して'16帰国した。
 ただちに地下鉄建設の調査を開始。まずは銀座の交差点などで自ら交通量調査を行い地下鉄の必要性を確信。 豆を使って乗客流動調査を行ったり、地層図で軟弱な地層の下に固い地層があることを知る。 渋沢栄一らの協力を受けて、'17浅草-上野-品川間の地下鉄道建設を目的として東京軽便地下鉄道会社の設立を申請、'20東京地下鉄道株式会社を創設した。 専務に就任。関東大震災などの多くの困難を乗り越え、工事は'25上野-浅草間から始まり、'27(S2)12月30日わが国最初の地下鉄が2.2キロメートルにわたって開通、'34浅草-新橋間約8キロメートルが全通した(東洋初地下鉄道開通に成功)。 現在の東京地下鉄銀座線の同区間である。当時は、「地下を走る電車」が人気を呼び、開業日には一時間待ちの行列ができた。
 地下鉄道は順次路線延長を進める上で、安全第一を掲げ、「社員読本」による教育などから始まり、警戒色を示す車体色(オレンジ色)の採用、打子式ATSの導入、全鋼・難燃化車輌の導入を行った。 資金繰り対策として、阪神急行電鉄を手本とし、出入口にビルを建て、その中や地下鉄構内に店舗を配置、駅とデパートを直通させるなどして、建設費費用を徴収した。 また、将来の輸送量増加に備え6両編成での運転に対応した設備を整えたり、地上線との乗り入れを視野に入れたルートを発案した。 加えて、駅係員には鮮やかな青色の詰め襟の制服の着用、10銭硬貨を入れてハンドルを動かし改札を通過するターンスタイル式の「自動改札」の導入、定期券利用の通勤客向けに新聞の夕刊紙を駅入場時に受け取れるサービスを発案するなど、工事・営業・経理・顧客満足など多方面で手腕を発揮した。
 '40東京地下鉄道社長に就任。同年末より東急の五島慶太の東京高速鉄道(渋谷-新橋間)との株大量取得による経営権問題や駅の設計、列車の乗り入れに関する争いが起こり、鉄道省の地下鉄国営化の思惑も絡み、五島との経営権抗争に破れた。 これにより東京地下鉄道と東京高速鉄道の和解の条件として、早川の引退が含まれることとなった。 両社の事業は統合され、帝都高速度交通営団(営団地下鉄)が役立され、東京の地下鉄の運営は統制下に置かれることとなった。 同時に早川は実業界から退いた。晩年は郷里の山梨で心臓発作のため逝去。享年62歳。主な著書に『地下鉄道』('38)、伝記に『上野発浅草行〜地下鉄を創ったある実業家の劇的な人生』('79)、『夢の地下鉄冒険列車〜地下鉄の父・早川徳次と昭和を走った地下鉄』('90)がある。 没する前年の'41地下鉄新橋駅構内に「社長早川徳次像」の胸像が建立された。'77地下鉄開通50周年に際し、現在の場所である地下鉄銀座駅(プロムナード中央)に移動された。 同じ胸像は地下鉄博物館にもある。胸像の台座の碑文は、墓所内墓誌碑裏面と同じである。地下鉄の父と謳われている。

<土木人名事典>
<江戸東京をつくった偉人鉄人>
<早川徳次墓誌(徳次ノ略歴)>


墓誌

*墓所内墓石は「早川徳次墓」。戒名は修徳院円通大観居士。右側に「徳次ノ略歴」と刻む墓誌碑が建つ。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・は行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。