メイン » » » 岡田 栄
おかだ さかえ

岡田 栄

おかだ さかえ

1873(明治6)〜 1940(昭和15)

明治・大正・昭和期の弁護士、代議士(政治家)

埋葬場所: 6区 1種 16側 15番

 高知県出身。生家は仁井田郷の大庄屋を務めた家系で、郡会議員の正岡五栄は実弟。父の代から北海道開拓を志し、栄も屯田兵となる。 1894(M27)日清戦争に従軍、戦後は上京して東京法学院(中央大学)に入学、法律学を専攻。 1900弁護士試験に合格。札幌・八王子・大阪・岡山の地方裁判所判事を歴任。 10朝鮮総督府で検事や顧問弁護士となった。12第11回衆議院総選挙に立憲政友会から立候補、当選。 17(T6)第13回にも当選した。出生地付近は無電灯地区であり、現地を踏査し、発電事業を果たした。その後弁護士としても活躍した。

<高知県人名事典>


 


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・あ行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。