メイン » » » 小川一清
おがわ かずきよ

小川一清

おがわ かずきよ

1892.1(明治25)〜 1958.12.11(昭和33)

昭和期の電気工学者

埋葬場所: 19区 1種 7側

 東京出身。父は京都帝国大学工科教授を務めた工学博士の小川梅三郎・志摩(共に同墓)の長男。
 東京帝国大学卒業。逓信省電気試験所第二部長、東北帝国大学教授、富士通信機製造取締役部長、古河電工通信機部長などを歴任。 1949(S24)神奈川大学教授となり、同大理事を兼任した。電気学の権威。著書に『電気及磁気』(1943:道田貞治と共著)などがある。享年66歳。
 妻の香代(香代子:同墓)の父は地質学者の小川琢治。母は小雪(小川駒橘の娘)。長女の香代を筆頭に5男2女の弟妹がいる。 科学の家系であり、弟の小川芳樹(冶金学者・東大教授)、貝塚茂樹(東洋史学者・京大名誉教授、文化勲章受章)、湯川秀樹(理論物理学者・ノーベル賞受章)、小川環樹(中国文学者・京大名誉教授)、小川滋樹(ますき・戦病死)、妹は妙子(京大教授に嫁ぐ)。 なお、一清と香代の長男の小川岩雄(同墓)は核物理学者である。

<講談社日本人名大辞典など>


墓所

*墓所は正面和型「小川梅三郎 / 室 志摩 之墓」。右側に和型「小川家之墓」。墓石の真ん中に墓誌がある。墓誌には小川一清、一清の妻の香代、小川岩雄、岩雄の妻の郁子が並んで刻む。戒名はない。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・あ | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。