メイン » » » 磯部幸子
いそべ ゆきこ

磯部幸子

いそべ ゆきこ

1913.8.23(大正2)〜 1988.1.15(昭和63)

昭和期のエスペランティスト

埋葬場所: 4区 1種 25側

 東京出身。旭電化社長の磯部倫一郎・つる(共に同墓)の一女。東京府立第二高女、自由学園、米国カリフォルニア大学に学ぶ。 20才でエスペラント語を独学。以後、財団法人日本エスペラント学会の評議員、理事を歴任。1979(S54)より第五代理事長に就任。 エスペラントの普及・発展に命を捧げた。享年74歳。

<墓所内の碑など>


*墓石は洋型で、前面には星のマークと、ISOBE,Yukiko と刻む。左側に碑が建つ。


【エスペラント】
 エスペラント(esperanto)とは、万国共通語(第二言語としての国際補助語)を目指す人造語(人工言語)。 ポーランドのルドヴィコ・ザメンホフが1887発表。エスペラントを話す者はエスペランティストと呼ばれている。 日本では二葉亭四迷が普及に尽力した。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・あ | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。