メイン » » » 石丸重美
いしまる しげみ

石丸重美

いしまる しげみ

1864(元治1)〜 1923.10.18(大正12)

明治・大正期の鉄道技師、政治家

埋葬場所: 2区 1種 4側 15番

 大分県出身。1890(M23)東京帝国大学工科大学土木工学科卒、工学博士(T4)。91以降、秋田県五等技師、逓信省鉄道技師。逓信、鉄道、鉄道院、帝国鉄道庁各技師。 鉄道院技監、同副総裁、鉄道次官等歴任。この間、大本営付、陸軍省御用掛、大礼使事務官、国勢院参与等のほか鉄道会議議員等となる。東京鋼材社長。 1907欧米出張。貴族院議員(勅選議員)となり研究会に属した。在任期間は22(T11)6月〜23(T12)10月の没するまで務めた。大正12年9月1日勲一等瑞宝章受章。

<歴代閣僚と国会議員名鑑など>
<MATSU様より情報提供>


 


関連リンク:

*墓石左面に略歴が刻む



| メイン | 著名人リスト・あ行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。