メイン » » » 雨宮治郎
あめのみや じろう

雨宮治郎

あめのみや じろう

1889.5.17(明治22)〜1970.5.13(昭和45)

大正・昭和期の彫塑家

埋葬場所: 16区 1種 8側

 茨城県水戸市出身。父・克、母・いさ(共に同墓)の長男。1920(T9)東京美術学校彫刻科卒業。在学中、'18第12回文展で『落花』が初入選。'23東京美術学校の研究科卒業。'24関東大震災復興美術展で妙技賞。
 帝展、文展、日展に出品し、第5回帝展で『火星』が特選、'29(S4)第11回帝展、'30第12回帝展に『無人の境を行く』『鎗投』が連続して特選となる。'31審査員に推される。
 '50日展の審査員を務めた。日展では運営会参事も務める。'51〜'56東京学芸大学教授。'57第12回日展の『健人』で日本芸術院賞。'58日展評議員、'62日本彫塑会委員長。 '64日本芸術院会員、日展理事、'65日本彫塑会会長になった。'66勲3等瑞宝章受章。'69日展顧問。
 堅実な写実的作風による男性像を主とし、『槍投』(東京国立競技場)、『黒田清隆像』(札幌市大通公園)などモニュマンも多い。享年80歳。没後、妻の日出子(同墓)が茨城県近代美術館に作品を寄贈した。

<日本人名大事典(現代)>
<講談社日本人名大辞典>


墓所 像
句碑「雪作塑像 並びおく座 福寿草」 「雨宮治郎君を悼む」 句碑「梅が香に さそわれ帰る 墓詣で」

*墓所入口に像が建つ。墓石前面は「雨宮家」。墓石後ろに壁碑がある。右、治郎の句碑「梅が香に さそわれ帰る 墓詣で」。 真ん中、「雨宮治郎君を悼む」をタイトルとし闘病十年から難病を克服したこおなどの文章が刻む。左、治郎の妻の日出子の句碑「雪作塑像 並びおく座 福寿草」。 墓石左手側に墓誌が建つ。墓誌には「正五位 勲三等 日本芸術院会員」と刻む。他に弟の雨宮三郎 夫妻、息子の雨宮淳 夫妻が眠る。彫塑家の雨宮敬子は娘。


雨宮敬子 あめのみや けいこ
1931.2.3(昭和6)〜 ご存命
昭和・平成期の彫塑家
 東京出身。父は彫塑家の雨宮治郎・日出子の娘。弟に雨宮淳がいる。日本大学卒業。
 1956(S41)第12回日展に初入選(以後、連続入選)。'58第1回新日展『薫風に望む』特選(以後1回)。'69総合美術展「湖」参加。'72第26回新樹会展招待出品(〜'77)。 '78日展の年評議員となる。'80第1回現代女流美術展出品(以後連続出品)。'82第10回長野市野外彫刻賞受賞、'83第14回中原悌二郎賞優秀賞受賞、'85第17回日展「道」内閣総理大臣賞受賞。 '90(H2)『想秋』で芸術院賞。'94日本芸術院会員。堅実な写実による女性像を連作し、個展も多く開催している。社団法人日展常務理事。

<大日本人名辞典>
<講談社日本人名大辞典>


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・あ行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。