メイン » » » 阿部正外
あべ まさとう

阿部正外

あべ まさとう

1828(文政11)〜 1887(明治20)

幕末期の老中

埋葬場所: 6区 1種 5側 1番

 白河藩主。1848(嘉永1)正蔵の家督をつぎ3千石。 63江戸町奉行となり、64(元治1)幕命により白河藩を相続し藩の兵制を改革、同年老中に列す。 66(慶応2)陸奥国棚倉に移封、家督を正静に譲った。 68(明治1)戊辰戦争では官軍のため棚倉城は落城し、藩主正静は帰順し、正外は棚倉に帰った。

<コンサイス日本人名事典>
<徳川葵様より情報提供>


阿部正外 阿部正寛

*墓所内には数基建つが正外の墓は右端である。

*昭和2年に台東区西福寺より改葬。

*同墓所内に子爵の正寛と正一の墓も建つ。

*正外没後、正静が継ぎ、正功の代の時(M17.7.8)に子爵を授爵した。
 以後、正寛→正一→正友が継承した。

<日本の名門1000家(新人物往来社)>


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・あ行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。