メイン » » 鳥居龍雄君 碑
鳥居龍雄君 碑

鳥居龍雄君 碑

碑石所在地: 2区1種6側沿いのバス通り角地
建立年月日: 昭和 3年
碑石地面積: 
永代使用料: 
建立者  : 

鳥居龍雄 とりい たつお
1905.8.28(明治38)〜1927.1.30(昭和2)
 父は人類学・考古学者の鳥居龍蔵、母も人類学者のきみ子。長男として生まれる。幼少期は龍蔵の母や妹に預けられ育った。 両親と同じく人類学への道に入り、1923(T12)パリのソルボンヌ大学および人類学院にて留学。 '26『Tumulus式古墳見物の記』の調査報告資料を紹介するなど活動していたが、翌'27(S3)パリにて客死。 同年4月に、同じくパリに留学していた妹の幸子が遺髪を持ち帰った。 没後、'30妹の鳥居幸子の編著(著者名は鳥居龍雄)で『白百合』が出版された。


胸顔レリーフ
若き人類学者
遠景

*碑石の上部に胸顔レリーフ、その下にフランス語で生没年月日などが刻み、日本語で「若き人類学者」とある。

*鳥居龍雄碑の横に父の功績を称える鳥居龍蔵記念碑が建つ。


関連リンク:



| メイン | 碑石リスト | 番地マップ | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。