20 years with Mira TR-XX
ミラL200Sについて(ミラの歴史) ******

 自分が乗っているL200Sミラについて、ちょうど手元にある「K-Carスペシャル「ミラ専科」」という、L500系が出たタイミングで出版された(すると平成6年かな?)本に詳しく書いてあるので、それを参考にしながら時系列で追ってみようかと思います。


 その前に、ミラのターボ車の成り立ちから。


 初代ミラ(L55)は1980年6月にデビュー。ボンネットを短くし、背高のキャビンをのせる「1.5ボックス」スタイルで、当時同様のコンセプトだったホンダシティ(初代)の影響もあり、大ヒットとなったようでした。
 1983年10月、この初代ミラにターボエンジンが搭載されます。2気筒加圧式キャブターボ、41ps/6000rpm、5.7kg-m/2500rpm(う、回転数低い〜)。そのころの軽のエンジンはせいぜい30ps程度でしたので、「大幅に」パワーアップしたと言えるでしょう。

 1985年8月に、ミラはフルモデルチェンジされます。形式もL70となります。ターボ車もラインアップされ、52ps/6500rpm、7.1kg-m/4000rpmと、当時クラス最強の出力を誇っていました。
 同年10月に、最初のTR-XXが登場します。
 赤黒の2トーンカラー、スポイラー一体型バンパー、バックドアスポイラー、イエローハロゲンランプ、ルーフセンターアンテナ、アルミホイールを装備、内装もセンタータコメーター、バケットシートと、やる気満々の内外装。今見てもカッコイイです(というのはオジサンだからか?)。
 他社でも、ミニカICターボ、アルトツインカムなど、走りに振った軽自動車が登場していた頃ですが、1987年に「アルトツインカム」+「アルトターボ」のワークスが登場します。
 ミラもEFI仕様のターボエンジンを搭載、馬力が58psとなりました。
 1988年10月、マイナーチェンジで、SOHCエンジンながら64ps/7000rpm、7.7kg-m/4000rpmと、ついにアルトワークスと並ぶ出力となったのでした。


     クオーレL55(gazoo名車館へリンク)
     ミラL70(gazoo名車館へリンク)


【1990年3月】
 
 1990年3月、軽自動車規格の変更(550cc→660cc、全長の拡大等)にあわせて誕生したのがL200です。ちょうど3代目ミラの開発がすすめられていた折でもあり、他社がマイナーチェンジで規格変更に対応した中、ミラはフルモデルチェンジされ、「ミラ・ニッポン」というコピーで登場しました。ターボTR-XXも引き続きラインアップされることとなりました。


  ※このフルモデルチェンジについては別のページを作りました。


 デザインは2台目のL70の似ていますが、ボディーを50mm、バンパーを50mm拡大、ホイールベースも30mm延長された、まったくのフルモデルチェンジ。安全性向上のため、ボディ剛性は1.5倍になり、ドアにはサイドインパクトビームが内蔵されました。一部にはリアブレーキのみのロック防止機構「アンチスピンブレーキシステム(ASB)」(ABSではないです!)もこの時期搭載。
 

○グレード
 ・ターボTR-XX(ターボモデル)
 ・TR-4(4WS装備)
 ・グランリミテッド(電動パワステ、チルトステアリング、PW、パワードアロック、テレビの付いた豪華仕様)
 ・(タイプQにエアコン、パワステ、パワーウィンドー、ステレオ標準装備)
 ・(ベーシック仕様)
 ・PADi(ベンチシート・コラムシフト)の「PADi」となっていました。

○エンジン
 4バルブ・EFI・ICターボ 64ps/7500rpm 9.4kg-m/4000rpm
 2バルブ・キャブターボ 61ps/7000rpm 8.6kg-m/4000rpm
 4バルブ・NA(キャブ)50ps/7500rpm 5.3kg-m/4500rpm
 2バルブ・NA(キャブ)40ps/6500rpm 5.3kg-m/3500rpm


【1990年9月】
 追加モデル・5ドアJターボ。4バルブEFIターボ、PS,PW、等長ドライブシャフト、タコメーター、イエローハロゲンランプなど装備。
 TR-XXリミテッド(バン)に電動パワステ装備


【1990年11月】
 追加モデル・X4。EFIターボ、フルタイム4WD(ビスカスカップ式)。


【1991年2月】追加モデル。
 追加モデル。X4−RX4のモータースポーツ仕様で、クロスミッション、装備を簡略化。そういえばワークスRってのもありましたね、その頃。
 発売11周年記念特別仕様車として、11thAnniversaryEdition、ターボTR-XX11thAnniversaryEdition。固定式ガラスサンルーフ装備。


【1991年5月】
 TR-XXシリーズに軽初の4速ATを投入(FF)。そして「アバンツァート」が登場! TR-XXのファッショナブル仕様として、ボディ同色アルミホイール、ピレリP700Zラジアルタイヤ、ティンテッドガラス、エアコン、パワステ、パワーウィンドー、パワードアロックなどを標準装備。2トーンボディカラー(ガンメタ/シルバー)も追加(あまり実車を見たことはありませんが)。
 EFIリミテッドは「走り系」モデルとして、13インチ対応ベンチレーテッドディスクを装備、タイヤはポテンザRE71又はアドバンA02。


【1991年9月】
 5ドアのグラン・リミテッドにエアコンが標準装備、EFI仕様エンジン(55ps/5.8kg-m)に4AT、リアヘッドレスト、リア3点式シートベルトを装備。テレビはオプションに格下げ。
 ベーシックモデルのが、エアコン、AMラジオ、カラードバンパーを装備して「ピット」となる。
 TR−XXシリーズに機械式4WSを装備したモデルが追加。そして、アバンツァートの快適装備を一部省略し、Limitedと同様の走り重視仕様としたアバンツァートRが登場。カタログにはないので、限定仕様の扱いか?


【1991年9月】
 特別仕様「ミラパルコ」。ルーフアンテナ装着・カラードホイルキャップとPARCOロゴ入りのメッシュタイプのアルミホイールが選択できた。ルーフスポイラー装備の55馬力EFIエンジン搭載車も設定、3ドアセダンには電動キャンバストップ仕様もあり。このキャンパストップ、いいです・・・今でもコペンと迷うくらい(笑)


【1992年8月】
 マイナーチェンジされました。これ以降のものを俗に「後期型」と呼んでいます。
 外装では、フロントグリル、バンパー、リアコンビネーションランプが変更されました。
 RV-4が追加されました。ミラの「RV版」。X4のエンジン、足回りに、「カンガルーバー」を思わせる大型バンパーガード、アンダーガード、背面スペアタイヤ、ルーフレールを装備。よく同じボディでこうも変わるなと正直思ったのですが・・・

この頃、渋谷の街中(渋谷に限らないが)で歩道に片輪乗り上げて4駆を駐車するのがカッコイイと思われてたようですし・・・パジェロとか、サーフとか。

※手前が「後期型」。細かいところがいろいろ違っています。


【1993年1月】
 バンパー、グリル等を専用デザインとし、装備を充実させたモデルノシリーズを追加。


【1993年9月】
 3ドアリアウィンドーがはめ殺しとなる小変更。


【1994年9月】
 フルモデルチェンジでL500系に。ミラは4代目となりました。
 TR−XXシリーズには、新開発のDOHC16バルブターボエンジンを搭載。タイミングチェーン駆動、ボールベアリング付きタービンを採用。64ps/7500rpm、10.2kg-m/4000rpmの性能でアバンツァートRに搭載。従来の3気筒SOHCターボエンジンもアバンツァートに搭載されています。広告もサーキットのイメージ。

 このツインカムターボのデビューは結構衝撃的でしたね。それまでは、ワークスに比べると「イマイチ速くない」的評価が多かったような気がしていましたので。特に赤黒ツートンカラーはかっこよくて、乗ろうかどうか、中古車屋さんに置いてあった数十万円の値札を見て、気持ちが揺れ動いたものでした。


 こうして大きな性能アップとなったのですが、スポーツカー全体が流行らなくなったのでしょうか、ミラTR−XXシリーズはこのL500系が最後となってしまったのでした。
 

※K-Carスペシャル「ミラ専科」、ウィキペディア等参照させていただきました。




戻る